「この絵はなんの絵なんですか?」

 ミルクコーヒーのおかわりの準備をしながら(檸檬は大抵、ミルクコーヒーをおかわりした)ひよこは言う。

「みんなの絵」

 と両手で持ったコップで、ミルクコーヒーを一口飲んでから檸檬は言う。

「みんな? みんなって、教団のみんなのことですか?」

 ひよこは言う。

「教団のみんなもそう。でもそれだけじゃない。もっとたくさんの人たちの絵」

 ごくごくとミルクコーヒーを飲み干して、空っぽになったコップをひよこのほうに差し出しながら、檸檬は言う。

「もっとたくさんの人たちの絵? ……ですか?」と受け取ったコップに新しいミルクコーヒーを銀色のポットで注ぎながらひよこは言う。

「うん。そう」と檸檬は言う。

「それは、この町に住んでいる人たちみんなとか、そういうことですか?」ひよこは言う。

「違う。もっとたくさんの人たちのこと」とにっこりと笑って、ひよこを見て檸檬は言った。

 このときになって、ひよこはようやく、檸檬の言っているみんなと言う人たちが『人類の全体を指している』のだと気がついた。

 それも今、現在この世界に生きている何十億という人類のことだけではなくて、檸檬の言ってみるみんなとは、過去から現在、そしてもし存在するのならこれから訪れるはずの未来に生まれてくる命を含む、そのすべての時間軸上に存在している人類という種全体のことを指しているだと理解した。(普段から檸檬のお世話をしているひよこには、その檸檬の言葉の意味を理解することができた)

 ひよこはもう一度、壁一面に描かれている不思議な形をしたカラフルな魚たちの絵を見つめた。(するとなぜか、ぶるっと一度、ひよこの体は小さく震えた)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

レモンタルト教団の陰謀 雨世界 @amesekai

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ