第13話 けしからんし!

「私のことって遊びだったのね?」

 亜美の目の色が完全に暗かった。ナイフをちらつかせる亜美。


「あらー、かわいそうに~」

 カエデがデカいパイパイをゆっさゆっさと上下にバインバインさせながら、亜美にそう言った。


「ハッ倒すぞ? カエデ?」

 亜美がナイフをカエデに向ける。


 自分はどうしたらいいんだよ!?

 どうしてこうなったんだ!?

 亜美とはキスをしているし、カエデのデカいおっぱいは、けしからんし!


 自分は頭を抱えた。


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます