第12話 選べないよ!?

 亜美とカエデは睨み合って動かない。

 ゴクリ……。さっきから自分は何回、固唾を飲んでいるだろうか?


 カエデのデカいおっぱいで、亜美のナイフを真剣しらはとりは、なかった。だが、動かない二人を見つめて、いったいどうなるのだろうかと思った。


「私たちのうち、どっちがいいの!?」

 亜美が自分にそう言った。


 亜美はナイフを上下にちらつかせる。


 カエデはデカいおっぱいをゆっさゆっさと上下にバインバインさせる。


 う、うわああーー!?


 自分には、選べないよ!?


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます