第10話 あれ、二人が仲良くなった?

 あれから、亜美とカエデが気のせいか仲良くなったような?


「カエデって、可愛いね!」

「亜美の方こそ、可愛いね!」


 と、まあ、こんな感じである。

 自分としては、なんだか嬉しいものである。


 なんだか平和です。え、だって、あんなことがあったあとですよ? 信じられなーい☆


 だが、二人のほめ合いは次第にちょっと怖い雰囲気になってきた?


「アナタの方こそ可愛いよ?」

「いえいえ、亜美の方こそ可愛いよ?」


 すると。


「素直に認めなさいよ! この女!」

「うるせえ! 亜美の方こそ可愛いんだよ!」


 ヒイッ!? 自分は体が恐怖で震える。


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます