第7話 ヤンデレになったキッカケ

「ねぇ、私は付き合っていた元カレがいたの」


 亜美はそう言った。

 え、そうだったのか?


「私は元カレに浮気をされていたの。バカだよね、全く気付かない私って。その元カレは、その浮気相手を選んだの」


 自分は言葉を失う。

 亜美……。


「私は、もう逃がさないから。私と一緒にいてくれる?」


「当たり前だろ? 自分は亜美と一緒になるよ」


「ウフフ、ありがとう……」

 亜美は涙を見せた。


 自分は、そっと亜美を抱きしめた。


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます