第6話 ドキッ☆お家デート

 自分はいま亜美の家の部屋にいる。いわゆる、お家デートってヤツだなぁ。さっきから、亜美がナイフと胸を押しつけてくるのだが、やっぱりこれってSMプレイなのだろうか?


「ねぇ? 私にどうしてほしいの?」

「とりあえず、ナイフをどけて胸だけを押しつけてください!」


 すると、亜美はムスッとした表情になる。


 あれ? どうした?


「ナイフは私の一部なのよ?」


 う~ん、やっぱりSMが好きなのか、亜美は。

「よろしい、ナイフで自分に愛情表現を見せてくれ!」


 これを聞いた亜美は笑顔になる。

「ウフフ、覚悟してよね?」


 すると、亜美は着ている自分の服にナイフでちょっと切った。ブラジャーが、それもピンク色が見える。


 ウッヒョー!?

 これって、ナイフを使った新しいSMプレイですか!? グヘヘ☆


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます