第5話 証拠を見せて?

「私のことが好きという証拠を見せて?」


 うん? どういうこと? 好きという証拠?


「さあ、ほら、見せて?」


 ナイフをちらつかせる亜美。ちょっと怖いけど、亜美に好きだという証拠を見せないといけない。


 う~ん?

 ここはキスか?

 いやー、ちょっといきなり過ぎるよね。


「好きという証拠を見せてって言っているでしょ!?」


 亜美の大声が路地裏に響く。


 えっ? 仕方がないなぁ?


 自分は亜美にやさしくギュッと抱きしめてあげる。う~ん、これって大丈夫かな? あれ? 亜美?


「ありがとう……」


 亜美はやさしい笑みを浮かべて上目遣いで自分を見つめている。


 …………。


 ヤバい、やっぱり自分のムスコがピンチです☆


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます