幼馴染の為に魔王を倒して日本へ帰ってきたのに、異世界少女たちが俺の恋人ポジションを狙ってやって来る

作者 向原 行人

36

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界系の作品って普通は、異世界に飛ばされ冒険して魔王倒して、ほい帰還! が流れだけど、この作品は案外少ない異世界後! 関係を持った(語弊あり)仲間が押しかけ女房、なんて羨ましいけしからんもっとやれ! しかも主人公は一途ときた。そこがまたいい。一途に愛を貫きたいのに、異世界少女たちを邪険にしないのもまたいい。かといって修羅場もなく騒がしくも賑やかな日々、充実した青春ですね……うん、この元勇者、いつか絶対童〇奪われるわ。

★★★ Excellent!!!

 僕ほどの向原さんマニアとなると、向原さんがタイトルを書いた時点でだいたい先の展開が読めてしまう。そう、幼馴染と、ケモ耳と、合法ロリと、妹が出てくるんだ。それで主人公が鈍感で「もー、僕はヒロイン一筋なのに、なんでみんな構うのさー、やーめーてーよー」ってなるんだ。もう心でそれが分かるよ向原さん。

 Q.ラブコメなんてだいたいそんなもんじゃねぇ?
 A.向原さんのケモ耳とロリへの拘りを侮るな、死ぬぞ?

 他の作品のレビューでもさんざん弄くっといてまだ弄くり足りないのかという感じですが、向原さんの人間できている感が半端ないからできるこの芸当。できる男は器が違う。そして、器からぽろりと出たモノがエグい。やっぱり敵わないよ、あんたにゃと割と思っております。五体投地!!(完全降伏の構え)

 いや真面目な話ね。
 モノカキってのは自分の書きたいものや好きなものを、どれだけ誤魔化さずに豪快に出せるかっていう部分が割りと大事だと思うんです。向原さんは、どの作品を読ませていただいてもその辺りが綺麗にできている。そしてそれに真面目に取り組んでいらっしゃる。これ本当に素晴らしいことだと思うんです。

 好きなもんを好きと言って何が悪い。
 技術があろうとなかろうと、キャリアがあろうとなかろうと、好きなものをとことん書く。すげえなって思います。それに最近は成果まで伴ってきているんですから、いよいよ本物になる時も近いんじゃないかなとも。
 こういう創作の王道を行く人に僕もなりたいものです。

 で、肝心な内容のレビューはって?

 上に書いたことが全てだよ!!

 はい。異世界から魔王を倒して主人公が帰ってまいりました。全ては幼馴染に会いたい一心から。子供から人生やり直して、幼馴染と再び同じ世界で暮らすために、結婚するために戻ってきた主人公。けなげなんだけれど、彼はいささか異世界でフラグを立て… 続きを読む