第6話 許さない

次の日の朝、朝練が終わるとかえちゃんを除いた私たち5人はあゆみんとかえちゃんの件について話すために集まった。

「みゆ、かえちゃんほんとに謝ってきたの?」

せいらが聞いてきた。

「うん、なんか何に怒ってるのかわからなくなっちゃったからって」

「急に態度変えたね」

ももちゃんの言葉に私たちは頷いた。

「で、あゆみんのことどうする?」

私が聞くと、あゆみちゃんがその前にと言って、

「朝、あゆみんと一緒にきた?」

せいらと私に聞いてきた。

「いや、先に行っちゃってたみたい。私が歩いている途中でせいらには会ったけど」

「せいらが歩いている時はあゆみんに会わなかったよ」

私とせいらは言った。

「とりあえず、今日の部活で聞いてみるか」

「だね」

そう言って私たちはそれぞれの教室に戻った。


放課後————————

私がコートに行くと、いたのはあゆみんだけだった。

後ろから誰か来る気配はなく、その場には気まずい雰囲気が漂った。

私がなにか話そうと思っていると、あゆみんから話しかけてきた。

「ねえ、みゆはどう思ってるの?」

「え、喧嘩のこと?」

私が聞き返すと、あゆみんは頷いた。

「もう…何に怒ってるのかわかんないな…って思ってるんだよね…?」

私が答えると、あゆみんは何も言わずに歩いていってしまった。


部活はいつも通り進み、今は下校中。

かえちゃんやゆさ、あゆみちゃんたちと別れ、あゆみんが少し前を私とせいらがあとを歩いていた。

すると、あゆみんが止まって私たちの方を見た。

「ねえ、かえちゃんもう許してるでしょ」

突然そう言ってきた。

「え…あ、うん」

私は戸惑いながら言った。

「ふーん。でも許さないから」

あゆみんはそう言って足を早めた。



———————6月1まであと15日








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る