続・駅長さん

ねむりねずみ@まひろ

30分程度の6人台本 ♂4:♀2


⚠️注意事項⚠️

■CAS生声劇、Skype劇、ボイスドラマ、イラスト作成、演劇、朗読など、金銭の絡まない物に対しては、無償でお使い頂けます。

イベントで販売したい、お客様を呼ぶ演劇に使いたい、など金銭の発生する物は、別途ご相談ください。


■キャラクターの性別は、絶対ではありませんが、世界観を壊すような無理な変更はやめてください


■ CASで声劇する場合、事前に教えて頂ければ聞きに行けるかもしれませんので、よかったらご連絡ください!

Twitter→ @nanakoenana


『キャラクター』


駅長さん 40歳 駅に努めている駅長さん。僕


ひかり 16歳 明るく元気な駅員見習い 私


達也 (たつや) 24歳 機械が好き 明るいけど微妙にヘタレ 俺


薫(かおる)28歳 優しくておちゃめ、怒らせると怖い 私


星宮翔17歳 温厚で優しい 僕


星宮翼17歳 真面目でいじっぱり


『コピペ用キャスト表』


駅長さん♂ :

ひかり ♀:

達也♂:

薫♀:

星宮翔♂:

星宮翼♂:


以下台本

――――――――――――――――


ひかり「まもなく扉がしまりまーす!ご乗車のお客様は、お急ぎくださーい!」


薫「ひかりちゃん、お客様の乗車終了よ」


ひかり「はい!それでは皆様、よい旅を!」



達也が袋に入った飲み物を持ってやってくる



達也「ひかり、薫、駅長から、差し入れのジュース!」


ひかり「わぁ、ありがとうございます!」


薫「ありがとう、いただきます」


ひかり「んー、冷たくて美味しい、あ、ペスも飲む?」


薫「本当、暑いからすごく美味しいわね」


ひかり「はい!達也さんありがとうございます!」


達也「おう、礼は駅長に言ってやってくれ、この暑さで、まいってないか心配してたからな」


ひかり「駅長って、時々物凄く心配性になりますよね?」


薫「それは、ひかりちゃんが居るからじゃない?」


ひかり「へ?私ですか?」


達也「あー、確かに。ひかりに対してはめちゃくちゃ過保護だよな」


ひかり「そうですか?」


薫「ふふふ、そうだと思うわよ?」


ひかり「ううう…、私そんなに心配される程、仕事出来てないですかね…」


達也「ぷっ…あはは、そうじゃないそうじゃない!」


薫「ふふふ、ひかりちゃんは、本当に可愛いわね」


ひかり「へ?違うんですか?!」


達也「さあ、どうだろな?」


ひかり「達也さーん…」


薫「ひかりちゃん、そのままでいてね?」


ひかり「薫さーん…今日のお仕事も、無事に終わりましたし、もう帰ります!」


達也「残念ながら、まだまだ忙しくなりそうなんだなコレが」


ひかり「へ?どういうことですか?」


達也「駅長室に戻ればわかるよ、さ、いくぞー」


【駅長室】



駅長「みんなお疲れ様、さあ!この後が大変だぞ!」


ひかり「駅長、この後が大変って、どういう事ですか?」


薫「ひかりちゃん、コレ、コレ」


ひかり「ん? 夏の暑さを忘れよう、盆踊り大会?!」


達也「そう、現世で言うお祭りだ」


ひかり「わぁ!お祭りなんてあるんですか!」


薫「毎年、この時期になるとやるのよ」


駅長「その通り、祭りの期間はちょうどお盆だからね、亡くなられた方も自由に参加出来るんだけど…」


達也「毎年、祭りが終わっても、残っちまう奴がいるんだよな」


薫「そう、お祭りで未練がより強くなってしまうの」


駅長「そこで我々駅員が、お客様を汽車に載せていく…と」


ひかり「なるほど 」


駅長「今回は薫君と達也君で、現世の見回り、ひかりとぺスは、僕と駅に来たお客様のお見送りだよ」


達也「うへぇ…地味にキツイやつじゃん」


薫「文句を言ってないで、さっさと準備をしましょう?」


ひかり「いいなぁ、薫さんも達也さんも現世のお祭りに行けるんですね…」


達也「行けるって言っても、遊びじゃねぇんだぞ?」


薫「そうよ、まあ?毎年隠れて、現世を満喫してる人もいるみたいだけど?」


達也「げ…ばれてらっしゃる?」


駅長「ほらほら、夜まで時間ないんだから、各自準備にとりかかる」


3人「はーい」



【 夜 】


達也「んじゃ、行ってきます」


ひかり「……。」


薫「ひかりちゃん、そんな顔しないで?」


ひかり「うぅう、やっぱり私も行きたいですぅうう!」


駅長「だめだ、ひかりは留守番だよー」


ひかり「うぅうう…」


達也「すねんなって、土産買ってきてやるからさ」


ひかり「本当ですか?!」


達也「おう、まかせとけ!」


薫「…給料から天引きね?」


達也「ぐえ、手厳しい」


薫「それじゃあ、駅長、ひかりちゃん、いってきます」


達也「いってきまーす」


駅長「2人とも、よろしく頼むよ」


ひかり「行ってらっしゃーい!」



【2人が居なくなった後の駅長室】



ひかり「あーあ、お祭り行きたかったなぁ…」


駅長「ひかりは、お祭りが好きなのかい?」


ひかり「はい!小さいころお母さんが、近所のお祭りに…連れて行ってくれて…あれ?お母さんと・・・あと…」


駅長「…ところで、さっきからぺスの姿が見えないんだが…」


ひかり「はっ!本当です!ぺスー!?」


駅長「ん?ホームで鳴き声が」


ひかり「えええ?!ちょっと見てきます!」


駅長「私も行こう」


ひかり「……ぺスー?ここにいるの?…つっ、駅長!!」


駅長「ん?これは…」



【駅長室】


男の子「…ん」


駅長「気が付いたかい?」


男の子「ここは…あれ僕は…」


ひかり「大丈夫ですか?ホームで倒れていたんですよ?」


男の子「あ、はい…ありがとうございます」


駅長「名前は言えるかい?」


男の子「えっと…星宮…翔です」


駅長「星宮翔君か…見たところ、お祭りに行っていたようだけど…」


翔「お祭り…そうだ…僕は近所の祭りに行って…それで……っ痛つ」


ひかり「あぁ、無理しちゃだめですよ!安静にしてください」


翔「すみません、ありがとう…ごさいます」


(ここで薫からの通信が入る)

駅長「ひかり、ちょっと来てくれ」


ひかり「はーい!じゃぁ、ゆっくりしててくださいね?」


翔「はい…僕はいったいどうしたんだっけ?思い出せない」


【駅長のデスク前】

駅長「ひかり…翔君のリストが見つかったんだが…」


ひかり「リストがどうかしたんですか?」


駅長「あぁ、これはまずいことになった」


ひかり「えっ…」



【ー現世ー】


達也「うへぇ、相変わらず人ばっかりで嫌になるぜ」


薫「ちょっと達也?怠けてないでしゃんとして?今は人と同じように、見えてるんだから」


達也「へーへー解ってますよ~」


薫「あら?貴方…亡者ですよね?帰り道はあちらですよ?」


達也「まーてって、逃げんなって!何も無理やり返そうってんじゃないんだから」


薫「はい、この用紙を出口で見せてくださいね?通行証になりますから」


達也「この人綺麗だけど、怒らせると怖いぜ?したがっとけ?」


薫「あのねぇ…きゃっ…ごめんなさい」


達也「ばか…よそ見してっから…だ… っつ!アイツはっ!!!」


薫「達也…?」


達也「悪い…!!」


薫「ちょっと、達也?!待ちなさい どこに行くのよっ…っ?!悲鳴?!…あーもう、馬鹿達也!」



【薫と離れ人影を追い森の中へ】

達也「はぁ…はぁ…やっぱり…あいつだっ!!待て!!!」


達也「…よぉ、元気にしてたかよ、谷口」


達也「…俺の顔を、忘れたわけじゃねぇよなぁ?」


達也「ははは、だんまりかよ…それとも驚いて声も出ないか?そうだよな…昔殺したはずの奴が、目の前に現れたんだもんなぁ…」


達也「あ?…お前、手に持ってるそれ、ナイフだよな?」


達也「隠してんじゃねぇよ!見せろっ・・・血がついて…まさかっお前っ!!!」


(薫からの通信)

薫「もしもし!!!達也!どこに行るの!!こっちは今大変なのよ!林から男の子の遺体が発見されて…」


達也「男の子の遺体?…あっまてっこのっ…くそっ逃げられたっ」


薫「は?…とにかくいったん合流しましょう」



【森を抜け人気の少ない場所で合流】


薫「それで、弁明があるなら聞くわよ」


達也「…わるかった。」


薫「はぁ…達也、貴方は普段ちゃらちゃらしてたり、怠けたりするけど、理由もなしに職務を放棄しない事くらいわかるわ…話せるなら話してちょうだい」


達也「…俺は、昔あの男に殺されたんだ」


薫「…え?」


達也「俺のリストに書いてあっただろ?死因は刺殺だって…その犯人が、お前にぶつかった奴…谷口誠だ」


薫「そう…」


達也「前に、俺に子供がいたって話ししただろ?俺には愛した女性がいた。まぁ、その人はバツイチで俺と出会ったとき、既に子供が居たんだけどな、それでも4人で幸せに暮らしてた…あいつが来るまでは」


達也「奴は…谷口は、彼女のストーカーだった。最初は無言電話とか、職場に押し掛けるとかその程度だったんだけどな…俺の存在に気づいてから、どんどんエスカレートしていった…郵便受に動物の遺体をいれたり、誹謗中傷の手紙、窓ガラスも割られたりした…」


薫「酷い…」


達也「逃げるように何度も引っ越した…でも、あいつはどこまでも追いかけてきた…そしてあの日…事件は起きた」


薫「貴方が刺された日?」


達也「あぁ、彼女がたまたま残業で遅かったんだ…俺と子供達で、家で待ってた…そこへ宅急便と偽って あいつがナイフを持って、乗り込んできたんだ…もちろん必死に抵抗したさ、何度刺されても この子達だけは守るんって」


達也「結果的に、子供達は何とか助かったんだが…気を失っちまってたらしい。そんで、血まみれの俺達を発見したのが 帰宅した彼女だった。彼女は、俺も子供も殺されたと思ったんだろうな…警察に電話したあと…自ら…」


薫「…っ」


達也「自殺は罪が重い…結局彼女は俺のせいで汽車にも乗れないまま、今地獄にいる」


薫「そう、由紀子は自殺したの…辛い事を思い出させたわね」


達也「いや、俺も頭に血が上りすぎてた…谷口が血の付いたナイフなんて持ってたから…あれ、俺、彼女の名前言ったっけ?」


薫「えぇ、言っていたわよ?…それより、こっちでも大変な事になってるの、さっき男の子の刺殺体が発見されたわ」


達也「なっ…」


薫「凶器は…多分、その血の付いたナイフよ」


達也「くそっ…谷口の野郎っ!!!」


薫「それで、さっき駅長に連絡をとったんだけど…被害者と思われる魂が駅に来てるって…名前は星宮翔」


達也「星…宮…翔?!」


薫「えぇ。何かわかり次第、駅長に連絡を…」


男の子「あの、翔がどうかしたんですか?!」


2人「え?」


男の子「今、星宮翔って言いましたよね?!…刺殺体って…翔は?! 翔に何かあったんですか?!」


薫「えっと…その…」


男の子「お願いです、教えてください!お願いします!」


達也「……翼?」



【 駅長室 】


ひかり「体調はどうですか?」


翔「あ、はい、だいぶ良くなりました」


ひかり「それなら良かったです」


翔「あの…ここはいったい何処なんですか?」


ひかり「ここは、賽の河原駅ですよ」


翔「賽の河原駅?」


駅長「落ち着いて聞いてくれるかな?君は今日お祭りに行って、そこで…その…亡くなったんだ…」


翔「…え?」


ひかり「いきなり言われてもびっくりしますよね、ここは、亡くなった方が冥府で裁判を受けるために、最後に訪れる、賽の河原駅と言います」


翔「それじゃぁ…僕は、本当に死んでしまったんですね」


駅長「そういう事になるね」


翔「…翼、翼は?」


ひかり「つばさ?」


翔「弟なんです、双子の…あいつは?!」


駅長「星宮翼…リストは送られてきてないから、彼はまだ現世にいると思うけど」


翔「よかった…」


ひかり「弟さんとはぐれちゃったんですか?」


翔「いえ…喧嘩したままだったから」


ひかり「そうでしたか、喧嘩別れしたままだと辛いですよね」


駅長「現世に連れて行ってあげたいが、…ここに来た人は駅から出れないんだ」


ひかり「…ごめんなさい」


翔「いえ、すみません。そういえば僕は何で死んだんですか?」


駅長「…リストによると刺殺されたって書いてあるね」


翔「刺殺…そうだ、翼と喧嘩して一人で森にはいって…そこにナイフを持った男がいて…うっ…」


ひかり「無理しちゃだめですよ」


翔「でも、僕を刺した犯人は捕まってないんですよね?!どうしよう…翼がっ…。あの人僕の顔をみて、なんで生きてるんだ、15年前に殺したはずなのにって言ってたんです…」


駅長「翔君、君のご両親は…」


翔「母も父も小さいころに亡くなって、今は施設で暮らしてます」


駅長「やはりか」


ひかり「やはりって…どういう事ですか?」


駅長「いや、憶測に過ぎない。とりあえず、達也君と薫君に連絡を取ろう…」



【ー現世ー】


翼「今、星宮翔っていいましたよね?俺、双子の弟の翼って言います、何があったんですか?!」


達也「お前…翼か…」


薫「落ち着いて聞いてね?貴方のお兄さん、亡くなったの」


翼「…え」


達也「おい、薫!何もいきなり言う事ないだろう!」


薫「事実を言ったまでよ」


達也「だからって…何をそんなにイラついてんだよ?」


薫「別に…」


翼「翔が死んだって…本当なんですか?!」


達也「…そのっ…まだ実際に確かめたわけじゃないんだが」


翼「そうですか…すみません」


達也「ただ、君くらいの男の子の遺体が発見されたのも事実だから、今から確かめに行くところなんだ」


翼「…そうなんですね…なら、俺も一緒に行きます」


達也「遊びに行くわけじゃないんだぞ?!」


翼「わかってます!!それでも、もし翔に何かあったのだとしたら…俺は…」


達也「…わかった。薫、いいよな?」


薫「…勝手にしなさい」


達也「…じゃぁ行こう」


翼「はい、ありがとうございます」



【駅長室】


駅長「…」


ひかり「そういえば、どうして弟さんと喧嘩したんですか?」


翔「…きっかけは些細な事だったんですけど、お互い意地になっちゃって…引くにひけなくて。でも、こんな事になるなら…ちゃんと話せばよかったな…」


ひかり「辛い…ですよね」


(薫と通信を繋げようとするが、なかなか繋がらない)

駅長「…あぁ良かった、やっと繋がった。達也君、薫君?いったい今どこに…」


達也「くそっ!待て谷口!!!」


薫「達也!!右っ!!」


達也「くっ…あっぶねぇ!この野郎っ!!」


駅長「達也君?!薫くん?!どうしたんだいっ」


達也「駅長!!谷口がっ!!翔を殺した谷口が襲ってきやがった!!」


薫「翼君!しっかりして!!」


ひかり「薫さん!達也さん大丈夫ですか?!」


薫「達也が何とか抑えてはいるけど…」


翼「うぅ…」


達也「くそっ!!翼!お前だけでも助けてやるから!頑張れっ!」


翔「翼?!そこに居るのかい?!翼!しっかりするんだ!!翼!!君まで死んだらだめだっ!」


ひかる 「駅長どうしましょう!」


駅長「薫君、スマホを谷口の方に向けて!」


薫「えっ、は…はい!」


駅長「達也君!避けてくれよっ! 現世に集いし亡霊よ、今ここにその御霊を記せ!!霊体召喚!!」


達也「うわっ、あっぶねぇ!」


薫「駅長っ…その技は…」


駅長「仕方ない…君たちの方が大切だからね…」


翼「うぅ…黒い…化け物?」


達也「何がとうなってやがる?!大きな口が現れたかと思ったら、谷口が…消えた…」


ひかり「駅長!今何をしたんですか?!霊体召喚って…」


薫「霊体召喚は、いわゆる禁術よ…生きている相手を、地獄へ強制的に送る事ができるわ」


ひかり「ひえぇ…じゃあさっきの人は、地獄に…え?でも、現世に干渉したらいけないんじゃ…」


達也「っ!翼?!大丈夫か、しっかりしろ!!」


翼「…父…さん」


達也「?!」


薫「とりあえず止血しましょう。話はそれからよ」


【傷の手当を受ける翼】


薫「…これでよし。このまま安静にね…もう大丈夫よ」


翼「ありがとうございます…」


薫「お礼はあっちのバカにいいなさい。命懸けで君を守ろうとしたんだから…」


翼「そうですね。お兄さん、ありがとうございました。…小さいころ俺たちをかばってくれた…父さんみたいでした」


達也「お前…覚えて…」


翔「翼!怪我は…大丈夫か?!」


【スマホの画面越しに話してます】


翼「翔…大丈夫…でも、翔は…」


翔「あぁ、僕はあいつに殺された」


翼「っ…!!!俺があの時、意地はって…喧嘩なんてしたからだ…」


翔「まったくだ!!まだまだ遊びたかったし、大学だって行きたかった!!いつか結婚して子供を授かって幸せに暮らしたかった」


翼「っ…」


翔「…でも死んだのがお前じゃなくてよかったって思ってる」


翼「え?」


翔「俺はお前の兄ちゃんだからな」


翼「翔…」


翔「俺たちは双子だ、たとえ離れていようとそれは変わらない。」


翼「はは、なんだよそれ」


翔「思えば、小さい頃から悲惨なことばっかだったもんなぁ」


翼「父さんも、母さんも…皆、もういない」


翔「……」


翼「これからは…翔も…いないんだな」


翔「悪いな」


翼「…本当だよ」


駅長「そろそろ時間だ。ひかり、翔君をホームへ連れて行こう」


ひかり「は、はい」


薫「達也、大丈夫?」


達也「あぁ、もうアイツもいないしな」


翔「…翼、先に死んじゃってごめんな!先生やチビ達の事、頼んだぞ」


翼「……」


駅長「それじゃあ、通信を切るよ?」


翔「お願いします」


翼「待ってください!!!」


達也「翼…」


翼「…謝るのは俺の方だ…翔……ごめん…ごめんなぁああ!!!」


翔「ばーか、幾つになっても泣き虫だな、翼は」


翼「っ…しょうが…ないだろ」


翔「じゃあな!!翼!!幸せになれよ!!」


翼「ああ、絶対…幸せになってみせるから…だから…安心しろよ…兄さん」


【駅長室】


駅長「ふぅ…皆帰ってこれたね」


ひかり「それじゃぁ、翔君のお見送りしてきますね!」


駅長「あぁ、その件なんだけど、僕が直接送り届けてくるよ」


ひかり「え?そうなんですか?」


達也「へぇ、めっずらし」


薫「…駅長っ」


駅長「しっ…それじゃぁ翔君、行こうか」


翔「はい、皆さん色々ありがとうございました!」


ひかり「……行っちゃいましたね」


達也「だな…にしても、今日は本当に疲れたぜ」


ひかり「達也さん、大活躍でしたもんね!」


達也「おー!迫り来るナイフ!華麗にかわす俺ってな!」


ひかり「でも、怪我がなくて良かったです!あ、駅長が戻ってくる前に、ぺスにお水あげてきますね!いこう!ぺス!」


薫「…」


達也「おーい、どうした、薫。さっきから黙りこくって」


薫「…別に」


達也「駅長っといい、お前といい なんかおかしいんだよな」


薫「っ…」


達也「まぁ、良いけど。駅長が帰ってきたら、俺にも教えろよ~?」


薫「…そうね…帰ってこれたら…ね」


達也「あ?なんな言ったか?」


薫「いいえ…何でもないわ」




続・駅長さん END

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

続・駅長さん ねむりねずみ@まひろ @sibainu_uta

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ