電動車の恐怖

「電動車」というのは、ガソリンではなく電気で走るバイクのことである。


中国の大都市では公共交通機関がかなり発達しているが、やはり気軽に出かけるには電動車が手放せない。


東南アジアがバイクだらけなのには公共交通機関が少なかったりする背景があるわけだが、地下鉄やバスがたくさんある中国の都市で電動車が多いのはなぜなのだろう。


逆に言えば、このような移動手段が日本で発達していないのはなぜか。少し考えてみたが、未だに決定的な答えが出ない。



私が今年はじめに武漢に滞在していた時も、やたらと電動車が街中を走っていた。


こいつらはガソリンを動力とするバイクと違い、音もなく迫ってくるので、外を歩く時は相当気をつけていないと危ない。

バイクではないことを言い訳にしているのか、歩道に乗り上げて走っているのもいるもんだから、どうしようもない。


中国語の先生は「バイクはスピードが出て危ないので、電動車に変わったんだ」と言っていたが、これはこれで危ない気がする。


面白いことに、街中もそうなのだが大学キャンパス内でも電動車で移動する。なんせキャンパスがバカでかく、寮から教室まで歩いて20分かからないとも限らない。

最寄り駅までは1回1元の校内バスを使って行くこともできるが、バスを待つのも時間がかかるし、こんなことではやってられない。


そんなわけで、学生たちは電動車を買うことを選ぶのである。


そうなると、学生寮の前に膨大な数の電動車が駐車することになる。


電動車のさらにやばい所は、鍵がない状態で誰かが電動車に触れると警報音が鳴り響くということである。


メーカーのセキュリティ意識が高くて結構なことだと思うかもしれないが、意識が高過ぎて、ほんのささいな衝撃でも反応して警報音が鳴る。


おかげで風が強い日はずっと寮の駐車場は電動車による大合唱(オールナイトライブ)が繰り広げられ、駐車場側の部屋に住んでいる学生は夜更かしをしてこのコンサートを楽しむことができるのである。


駐車場側の部屋に住む友人Dくんは、部屋の窓が壊れていたため、よりクリアにその音を聞く特権を得てしまった。

そういうわけで、Dくんは慢性的な睡眠不足に悩まされながら毎日の授業に出ることになったのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます