武漢で食べた「鴨の首」

以前武漢に一ヶ月ほど滞在したことがあるが、あるゆる食べ物が辛い。


中国のなかでも、メシが特に辛い地域のひとつだと思う。


私が滞在したのは2月から3月にかけてで、とにかく寒かった。

湿度は高く洗濯物がまったく乾かないくせに、乾燥した東京の冬とはまた違った冷たさを感じる。


気密性がない寮に住んでいたので、勉強するにもとにかく手がかじかむ。

しかし、エアコンをガンガン使うと電気代が追加徴収されてしまう(しかも上限に達すると突然ブレーカーが落ちるので100元払うまで何も出来ないらしい)ので、コートを着込んで机に向かったものである。


こんな時期に役に立つのが辛い食べ物である。


私は勉強のお供に湖北省特産「鴨の首」をしこたま買い込んで食べた。


実に辛いのだが、身体の中から温まってクセになるのである。


とはいえ、弊害もある。


これを食べるとお腹が緩くなる。

もちろん辛すぎるからである。


こんなことを聞いたら食べる気が失せるだろうが、これから日本も一層寒くなるだろう。


寒さ対策に「鴨の首」はいかがだろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます