第4話 川崎莉亜


▪️


約千八百万円。

これが、中学生であるあたしが一月に稼ぐ金額だ。


▪️


川崎莉亜は、お金持ちだ。このことを知っているのは川崎莉亜しかいない。中学生である彼女がお金持ちであり、そのことを本人しか知らないということは、真っ当な方法で手に入れた金ではないことは明らかだ。

彼女は放課後、いつも一人で帰っている。

校門から出た後、右に行く日もあれば、左に行く日もある。学生なら、たまに寄り道してるくらいの思われ方だが、彼女はいつも寄り道している。

今日は左、携帯の画面をチェックし、目的地へ向かう。

目的地へ近づくと、近くのコンビニにより、トイレで着替えをはじめる。

「今日は、三件、か…多いな」

そう言った彼女は、着替え終わると、近くのスーパーへと言った。

そしてスーパーの近くに立っている男に声をかける。

「いーあーるおーさんですか?」

「おお、ということは、クマクマさんですな?いやぁ、まさか、本当に中学生の子だとは思わなかった」

「もう、あたしを見るまで信じなかったんですか?」

あー、くせぇ、このおっさんまじでロリコンかよ。デブだし、髭とかも適当にはやしてにきびだらけ。金もらえるヤツじゃなかったらぜってえ話しかける機会ねぇわ。

「それより、早く行きませんか?あたし、昨日からずっと楽しみにしてたの」

「お、おう。いやぁ、まさかこんなに可愛い子に期待されるなんて、俺もまだ捨てたもんじゃねえな」

んなわけねぇよ。お前はただの財布だわ。

「別に見た目が全てじゃないですよ。人にはそれぞれ見えないよさがあるじゃないですか」

「分かってくれるのはクマクマさんだけですよ。はっはっは」

その二人は、やがて別の場所へと消えていった。


しばらくして、彼女は最後の客の相手を終わらせて帰るところだった。

「うし、今日は二十五万。まあ、稼げたな」

晩御飯も相手の人達に奢ってもらい、機嫌をよくさせ、欲しかった服も買ってもらえた。

「やっぱおっさんチョロいわ」

時間は21時。あとは家に帰るだけだ。

そうして家に向かったが、前から人が近づいてくる。その人影は見覚えがあった。だんだん近づくにつれ、顔がはっきりしてきた。

「おう、川崎じゃねぇか」

あたしに声をかけたのは、八坂景。ということは、どうなるか分かっている。

「じゃあ」

あー、これは今日の稼ぎとぶな。

そう思った川崎は鞄の中に手を突っ込み、金を出そうとした。

だが、

「気をつけろよ、夜危ねぇから」

「…は?」

思わずアホみたいな声で反応してしまった。

「んぁ、何?」

それに反応する景。

「…や、別に何でもない」

それだけ言って、彼の気が変わらないうちに足早にその場を去った。

今日は金を取られない?何でだ?あいつのターゲットにならなかったのか?

今日を生きた感じがした彼女は、拍子抜けながらも、家に帰った。

今日は家には誰もいないはず。そう思っていた彼女は、警戒もなく家に入った。

「おう、莉亜」

だが、そこには他の家庭では一般的に、父と呼ばれる人がいた。

莉亜は慌てて外に出ようとするが、首をつかまれる。

「おいおい、逃げんなよぉ。お父さん悲しくなっちゃうぞぉ?」

「おめぇみてえなやつが父親語るんじゃねぇよ!」

莉亜は殴られた。

「どうやらまだ、教育が必要みたいだなぁ」

そう言った父は、莉亜の服を破り散らしていった。

「やめろ!クソ野郎!離せ!」

だが、聞く耳を持たない彼は、娘を娘としては見ていないかのようだった。


その後、彼は満足したのか、ボロボロになった莉亜をその場に放置して、タバコを吸いながら外へ行った。

幼少期からこんな扱いを受けてきた莉亜は、人を信用していなかった。

今日は、アイツのターゲットにならない代わりにあいつのターゲットになった。ただ、それだけのことだ。

やがて消えゆく意識の中で、静かに思う。

七日後、てめぇらを…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます