第3話 佐倉乙姫、佐倉乙広


▪️


約四百八十万円。

これが、中学生である俺達が一月に稼ぐ金額だ。


▪️


「乙広、宿題見せて!お願いします!」

そう言って乙姫は俺の鞄を漁り始める。

「乙姫、俺の宿題見て写したいだけじゃん…。自分の力でやんないと自分のためにならないよ?」

「それはそうだけど、いいじゃん別に。私の方が頭いいんだし」

乙姫は、勉強に関しては頭がいい。いや、これでは少し語弊がある。乙姫は、記憶力がいい。この前のテストも、勉強していないのに、学年一位の成績をとっている。間違えたのは、テストのオリジナル問題のみ。一度見たものは基本的に忘れることはない乙姫にとっては、答えを見ながらテストを受けているようなものだ。

だが、これでは自分の考えを持たないやり方となる。暗記系のテストならそれでいいが、国語等の文章問題で、初見の問題を見た時、乙姫はその問題が解けるかは分からない。

「そうだ乙広、私昨日寝る時いいこと思いついたの」

その時乙広は、乙姫が何を言うのか分かり、とても悲しくなる。

「今度盗む家なんだけどね、同じクラスの結ちゃんの家がいいと思うの!」

乙姫はそれを嬉嬉として語り、完璧な計画を発表した。

最初は内気だった乙姫だが、八坂景からのカツアゲにより、だんだんと壊れていった。

計画を発表した乙姫は、やがて死んだような目で布団へと潜った。

「あははははは!いいじゃーん!結ちゃんお金持ちだし、少しくらい盗られても気づかれないよぉ。なんならビッチだってあれは!リアルであんなかわいいのとかいないもん!」

乙姫はしばらくの間笑っていたが、やがて疲れたのか、そのまま眠ってしまった。

「…乙姫、なんで俺達、こうなっちゃったんだろうな…」

誰にも聞かせたくない一人言を、俺は言っていた。

その時、母が俺を呼びにきた。

「乙広、お友達が来てるわよ」

誰だろうか。今日は誰とも約束していないはずだが。

そう思い、乙広は玄関へと向かった。

だが、悲しいことに、玄関に立っていたのは、友達ではなく、カツアゲ犯の八坂景だった。

「よう、乙広」

そして彼は俺に近付き、小声で言った。

「俺さ、今欲しいのがあるんだけど、五十万、貸してくんない?」

俺はさっき、乙姫が壊れている姿を見たばかりだ。

こいつをここに長居させたくないと思い、部屋から金を持ってきて渡した。

「ありがとよ。この後飯でも行かねぇか?おごってやんよ」

俺はこいつが嫌いだし、一緒にいるメリットがない。

「今日は家族で飯を食う約束してるんだ」

嘘の情報を景に教えた。

「ああ、そう。じゃあな」

そう言って景は帰っていった。

キッチンに行き、ジュースを飲んでいると、母が声をかけてくる。

「遊びに行くんじゃないの?」

誰があいつなんかと。

「貸してたもの返してもらっただけだよ。それだけ」

そして俺は部屋に戻った。

「一月四百八十万円、か」

意味もなくそう呟いた。

ベッドの上で、乙姫は気持ちよさそうに寝ている。

「もうすぐ終わるからな」

そう言って、乙広は本を読み始める。

だが、さっきのこともあり、一気に疲れが出たのか、乙広も意識を保ってはいられない。

そして眠りにつく寸前、乙広は思った。

決行日は、八日後だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます