第2話 吉田陸

▪️


約五百八十万円。

これが、中学生である俺が一月で稼ぐ金額だ。


▪️


もう二月の中旬。中学二年の俺達が、最高学年になるまでもうそろそろだ。

昼休み、陸は自分の机で勉強をしている。理数系以外苦手科目の陸は、次の期末考査で、なんとしても文系のテストの点数をとっておきたかった。

理数系が得意な彼だが、将来は文系の大学に進み、就職したいと思っている。

「さて、これは…」

分からない単語を調べようと、英和辞典に手を伸ばしたところで、俺は八坂景と目が合った。合ってしまった。

目を逸らしたが、ターゲットとして見られたのなら、俺に逃げるすべはない。

景が近づいてくる。このパターンは、もう終わりのやつだ。

予想通り、俺は声をかけられる。

「おい陸、ちょっとこっち来いよ」

俺は言われるがまま、彼について行く。逆らうと痛い目を見るのは明らかだったから、目が合った時点で、半ば諦めていた。

そしてそのまま屋上への入り口へと連れていかれた。俺を連れて行く途中、まるで友達同士の会話だと思わせるような声のトーン、内容で、周りの人からの目を欺いていた。

そして、

「俺今月ピンチでさ、少し金が足りないんだよね。だから俺に十万、貸してくんない?」

今日は少し少ないかもしれない。そう思った自分が嫌になる。

「今はない。放課後ホームルームが終わってから渡す」

「おう、悪ぃな」

全く悪びれた様子もなく、彼はそれだけ言って教室に戻って行った。

残された陸は、時間を確認し、昼休みが終わる五分前までそこで座って、諦めるように息を吐いた。

「月五百八十万…か」

そうつぶやき、陸は教室へと向かった。

五、六時間目の授業は文系の科目なのに、頭に入れようと頑張っても集中出来なかった。

やがて放課後になり、俺と景以外がいなくなってから、俺は十万円を渡した。

「まったく、ありがたいなあ」

そう言う彼の顔は完全にカモを見る目だった。

「また今度頼むぜ?」

彼はそう言って歩き出す。

そして俺しかいなくなり、陸は下駄箱へと歩き出した。

下駄箱で靴を履き替え、外に出た時、景が待っていた。

「陸、一緒に帰ろうぜ」

こいつといても俺にはメリットがない。

「悪い、今日は用事がある」

明日を生きる為に必要な用事がある。

そして景の方から舌打ちの音が聞こえると、彼は言葉を続けた。

「そうかよ、じゃあな」

そう言って彼はグラウンドの方へ消えた。おそらく次のカモにも同じことを言うのだろう。

心の中でそのカモに応援しながら、俺は帰路につく。

俺はその時に必ず心の中に悪魔を住まわせる。

あいつにやられっぱなしでいいのか?よくない。

あいつこそ不幸になるべきじゃあないか?その通りだ。

周りのヤツらの不幸なんて気にしてられない。そうだ。

お前だけ理不尽なのはおかしい。ああ。

俺は、今日も盗みを働く。

陸は家の近くのコンビニに着き、時間と店内状況を確認する。学校帰りの生徒が多く、今日は少し不利かもしれない。だが、隙がないならつくればいい。

俺はそのコンビニに入り、周りの人達を確認する。

店員が一人、学生十人、社会人二人、お年寄り二人。

そして俺は店内にあったアイスの蓋を緩くして、レジから遠い場所へと落とし、声を上げる。

「うお、やべえこぼしちゃった!」

するとそこへ店員がかけつける。

「掃除しておきますので、少し下がって下さい」

そこを中心として何人かの人達が群がり、気分を悪くした人達は帰っていった。

レジ近辺には人がいないことを確認し、俺は札を数枚抜き取り、申し訳なさそうにしてそこの店員に謝りに向かった。

店員は許してくれたが、内心どう思われたか分からない。

おそらく完全に顔を覚えられただろう俺は、明日から盗む店を変えることを決めた。

その後家に帰り、自分の部屋でお金を確認する。

「…十二万千円、か。少ないな」

そう言って陸は自分の鍵付き貯金箱にお金を入れた。

「疲れた…」

そう言って彼は自分の机に座り、勉強を始めた。

だが、疲れた体では思うように脳が働かない。

彼は眠気を感じながら、心の中で思う。

復習決行まで、あと九日。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます