海が太陽のきらり

作者 魔女っ子★ゆきちゃん

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

たくさんの海斗と陽子が出てきたこの企画ですが、自分の見た限りでは今回の陽子は最年少。なんと小学3年生の8歳です。ちなみに海斗は高校生。

これだけ聞くと、子どもとのほのぼのしたやり取りが展開される。なんて考える人もいるかもしれませんが、この陽子はほのぼのと言うには少々過激な毒舌ドS。君、ホントに小学生だよねと言いたくなるような発言連発です。

そんな陽子に振り回されながら、海斗は泳げるようになるのか。はたまた公序良俗の観点からアウトな事になるのか。
色んな意味で手に汗握る緊張感に溢れています。

★★★ Excellent!!!

泳げない少年、海斗と、そんな彼に泳ぎを教える女の子、陽子。
同じプロットで物語を書く企画、『海が太陽のきらり』の参加作品ですか……この作品の海斗と陽子ちゃんは……かなりはっちゃけています。

高校生の海斗に泳ぎを教える、小学生の陽子ちゃん。そしてこの物語は、そんな二人のラブロマンスでもあるわけです。
高校生と小学生のラブロマンスってどうなのと思ったあなた。たぶん今想像したよりも凄いことになっています。

マイペースでハチャメチャな所がある陽子ちゃんに振り回される海斗。はたして最後、海斗は泳げるようになるのか? そして二人の関係は、どうなっていくのでしょうね?