扉の奥。

 どうも、精霊です。


 えぇ……ちょっと壁を壊しちゃって見晴らしがよくなったけど、なんとかゴーレムベアに勝ったぞ!


 けど行きたくないんだよなぁ……この奥。

 でっかいあの方が舌舐めずりしながら待ってるみたいでさぁ。

 けどね、ここまで来て扉を開けずに帰ったら怒られるから開けたよ、扉。

 思った通り海なんだよね、そこ。

 二人に水の中でも息ができる魔法かけといて良かったよ。

 そしたらね、やっぱりいたよ。

 はい。水龍です。


「久しいな、百五十年ぶりか。お前が顔を見せずにそんなに経ったか」

 はい、すみません。逃げ隠れしてました。すみません。逃げ隠れされる心当たりはおありでしょうけどね。

「我はお前を育ててやった、親のような存在だと思っているのだがな。いい歳してまだ反抗期か? 遊んでやろうか?」

 いいえ、結構です。

 自分の身が可愛いので結構です。

「して、その者らはなんだ? 感じたことのない魔力を操る人間に、堕ちかけの龍とは。お前は魔王にでもなるつもりか?」

 やめて下さい。それだけは本当にやめて下さい。魔王じゃありません。

 精霊です!


 水の精霊はどこかの水の中で生まれるんだけどね、俺は生まれる場所を間違えたんだよ。

 この暇と力を持て余した水龍の目の前に生まれるなんてさ……。


 そんでこの水龍にフーンの事を聞かれたから、包み隠さずに話したんだよ。

 ずいぶんと興味があるみたいでね、フーンを預かりたいって言い出したんだよ。

「ちょっと待って下さいよ。それはさすがに刑が重すぎるでしょ。もういっそ死刑の方が優しいじゃないですか!」

 って言ったんだけどね、聞いてもらえなかったわ。

 だって水龍って龍だから、雷の魔法を使うんだよ!

 もう、まんま最終兵器じゃない!


 けどね、水龍にもちゃんと理由があるみたいなんだよ。

 深い海の底でのみ生み出す事のできる宝石、深海石がなくなったらしくてさ。

 言っちゃえば魔力の塊の宝石だよね。

 使い道は色々。

 けど、それを作れるのは人間の祈りだけなんだ。

 人間が海の底に来なくなってから作られなくて、最後の一つもこの前、可哀想な幽霊にやってしまったってさ。

 幽霊? まさか、あれの事かな?

 たしかに深海石なら、魔物の核になるとは思うけどね。

 ちなみにこのベベルの塔は「遺跡を有効活用してやっている」んだそうです。

 まったくね……。


 という訳で、フーンを置いて行く事にしたよ。

 「人間のいない深海で罪滅ぼしがしたい」って本人の希望でもあるしね。

 しかし、ひと月持つかな……。

 早めに様子を見に来なきゃな。

 それも水龍は計算に入れてそうで怖いな。

 何かさせられるんだろうな、俺。

 うわぁ……逃げ隠れしたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます