ベベルの塔、最深部。

 どうも、精霊です。


 最深部に着いたぞ。

 ここにはなんと、潮の香りがするんだよ!

 それなのに水の気配はなし。

 魔力遮断の魔法でも掛かってるのかもね。


 見た目はなんて言うか、扉。

 もう扉がでかくて豪華で、異様に頑丈で、扉しか目に入らないわ。

 扉の反対側には暗い道が続いてる。

 まぁ、予想はつくと思うけどね、ゴーレムベアがいたよ。それも厳つい奴。

「陽を求めるならば暗き道を行け」

 なんて言うし、あきらかに上位種だよ。

 そしたらさ、そこにあの魔人が来たんだよ! ふよふよとさぁ。

 そんで俺の存在を目にもいれないで、フーンとキングに言うんだよ。

「お前たちはあっちの道ね」って。

 それから嫌そうな顔をしながら俺を見てさぁ「あんたはそっちの扉」って言われたよ。

 なにその態度の差は!?

 あきらかに暗い道が正解じゃない!


 でもゴーレムベアが言うんだよ。

「そうか、水の精霊か……。ではこちらの扉に用があろうな。では久しぶりやるとするか」

 そのゴーレムベア、動くのにゴゴゴッて音がするんだよ。

 そんで、たぶん次のがこいつの決め台詞。

「ここは遺跡か牢獄か。扉の先に進みたくば、このゴーレムベアを倒して扉を開けよ」

 ってな事でね。

 もちろん魔王様って慕ってくれるキングは俺と来るし、フーンも「俺に選択権はない」って言ってるし。

 魔人はふくれっ面して消えちゃったけどね。


 しかし水の精霊に潮の香りね……。

 嫌な予感がするので戦闘は明日にしてもらいました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます