気付いたことがある。

 どうも、精霊です。


 ふと気付いたんだけどさ、転生者の3人にせがまれるまま加護をあげてたんだよね。

 3人ともやばい強さになってないかな?

 怯えるハリネズミみたいなさ。

 そんな雰囲気あるよね。


 そもそも人間の魔法って、言葉を使って魔力を変質させるものなんだよ。

 言葉なら、呪文を唱えても書いても、判子を押してもいいんだ。

 そんで精霊があげる加護っていうのは、すでに形のある魔法って言ったらいいのかな?

 魔力さえあれば自動で発動する加護もあるし、自動ではなくても呪文が要らない。

 その魔力は綺麗な水で補給できるしね。

 魔力は水と共にあるからね。

 だから人間は、体内の魔力が枯れると脱水症状をおこすから気を付けてね。


 そんなわけで、ちょっと加護あげすぎたかな。

 大丈夫だよねって事にしときたいな。

 扱い方をしっかり教えれば大丈夫!

 そうだ、そうだ。


 いつか3人の師匠は精霊です、とか言ってちやほやされるかも!

 目指せ人間との幸せライフ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます