魔王様じゃありません。

 どうも “精霊” です。精霊です!

 キングが「魔王様」とか呼んで俺を探し回るから、転生者がいる精霊の森に帰ってきちゃった。

 でも外うろつきたくないから転生者に授業をしてやったんだ。


 種族の事とか何も知らなかったしね。

 数が多い順に『精霊』『魔物』『人間』『堕ち物』『龍』『精霊獣』だな。

 精霊獣ってたぶん、パペットの他には三体くらいしかいないんじゃないかな?

 ちなみに龍は数が少ないとか関係ないくらいデカくて強い。使える魔法は雷。

 正直、あれは天災。


 精霊は下位、中1位、中2位、中3位、上位と分かれてる。

 位によって姿も変わるぞ。

 ちなみに俺は羽のあるオッサンです。


 堕ち物についてなんだけど、どの種族の奴でも堕ちる可能性がある。

 何でも堕ちる。

 宝石とか、鏡とか、花とかもな。

 姿も強さも、元が何だったかによってくるな。

 ただ、今まで全てに共通だったのは、会話ができない事。

 そんで、あいつらだいたい黒っぽい。


こんな感じかな。


……あぁ、ダメだ。

「魔王様」って幻聴が聞こえる。


 こういう時は「ツラタン」て言うんだって転生者に聞いた。

 ツラタン。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます