第1-5話

「二十年前の断食については、総一郎氏の助力を得て行ったことで、私の力ではありませんよ」


 小掾は苦笑しながら答えた。


「実は今日お訪ねしたのは、紀子さんにお会いしたかったからなのです」


 みつるは少し言い難そうに来意らいいを告げた。


「孫の紀子か? なるほど……。はるなが三才の頃にはすでに力の片鱗へんりんがあったように、紀子にも無いとは言い切れんな」


 小掾は少し驚いた表情をした後、目を細めた。


「紀子ならふもとの公園に遊びに行っとるよ」


「ありがとうございます。では公園へ行くその前に、お参りをさせて頂いてもよろしいでしょうか?」


「おお、秀樹君も喜ぶだろう」


 小掾は社の封を解き、扉を開いた。


 社の祭壇の中央に祭られている御神体ごしんたい神鏡しんきょうが姿を現す。


 あきらとみつるは神鏡の前に進むと、頭を下げた。


 おがんでいる途中気配を感じて、あきらは顔を上げた。


 これが霊気というのだろうか。


 神鏡の中に人影が映っていた。不思議と怖さはない。


 しばらく見ていると、それは音もなく消えていった。


 最後にお辞儀をしたようにも見えたけれど、気のせいだったかもしれない。


「なんだか、急に寒くなったな……」


 あきらは呟き、もう一度頭を下げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます