第1-4話

「莫耶? ああ、総一郎そういちろう氏はお元気ですか?」


 宮司はなつかしそうに目を細めた。


「総一郎?」


 誰のことか分からず、あきらはみつるに小声で尋ねた。


「社長のことですよ」


 みつるは苦笑しながら耳打ちする。


「それはもう元気過ぎるくらいだな」


 つい何時いつもの調子であきらは答えていた。


「それは良かった」


 宮司は大声で笑い出した。


 みつるもくすくすと笑っている。


 その二人の様子にあきらもつられて笑い出す。


「渋谷駅の事故は、ただの事故ではないと莫耶は考えているわけですな」


 なごやかだった雰囲気が、その一言で一変した。その場の全員が真剣な顔に戻る。


「まだ調査中ですが、私はそう考えています」


「運転士の過失が事故の原因である、というのが現在の警察の見解けんかいみたいだが?」


 宮司はけわしい表情で詰問きつもんするように尋ねた。


「いえ、それはありえません」


 みつるはきっぱりと否定した。


「ありえない……、か」


 少し間を空け、表情を崩した。


「挨拶がまだでしたな。耳神神社宮司小掾忠夫しょうじょうただおです」


「莫耶エネルギー研究所、環境問題対策室の白館みつるです」


「同じく、出利葉あきらです」


 みつるとあきらは改まってお辞儀をする。


「二十年前、総一郎氏には娘のはるなのことで大変お世話になった。お二方も遠方からわざわざお越しいただき、できるなら力になりたいが……、私もはるなにも当時の力はもうなくてな。申し訳ない」


 小掾はそう言って頭を下げた。


「頭をお上げになって下さい。はるなさんは昔、不思議な力をお持ちだったと聞いています。耳が御不自由だったそうですが、小掾さんが行った祭儀さいぎによって、耳が聞こえるようになったともお聞きしました。当時、百代ももよ姫、薫丸くんまる氏の再来だとも言われていたそうですね」


 研究所の資料で得たのだろう。みつるが過去の出来事について淡々たんたんと語る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます