第8-3話

龍脈りゅうみゃくが騒がしい。富士を越えた後は鉄道、高速道路は避けて、船か飛行機で行きなさい」


「またなにか、起こるのでしょうか?」


「気を付けて行きなさい」


 柿久はそれだけ言うと、腕を組み黙った。一姫もそれ以上はなにも訊かなかった。


 宮司として天の川千三百年の歴史を返り見ても、稀有けうな力を持つ一姫を頼もしく思っている。


 しかし父として不穏ふおんな気で満ちた東京へ娘を送り出すことに、躊躇ためらいを覚えていた。


「こんな時間か……」


 しばらく二人は見つめ合った後、複雑な想いを振り払うように柿久は柱時計へと顔を向けた。


「明日から忙しくなる。もう寝なさい」


「はい。おやすみなさい。お父様」


 一姫は就寝の挨拶をすると、五十鈴を抱え部屋を出て行った。


 障子が閉まり、遠ざかる一姫の足音を聞き終えると、柿久は重い腰を上げた。


 何時までも感慨にひたっている暇はない。


 祈祷の準備に、取り掛かることにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます