第2章 エルゴの領域に創り出された偽りの神様

第1-1話

「空気が美味しいですね」


 みつるがあきらに話しかけながらバスを降りた。


「まぁ、確かに空気は綺麗きれいだな」


 田舎いなかとも言うが……。


 早朝東京を出発した二人は、途中茨城県の石岡駅で下車した後、鉾田線ほこたせん跡を走る専用バスに乗り換えて四箇村しかむら駅跡に着いたところだった。


「しかし廃線になっているとは思わなかったな」


「残念ながら数年前に廃止されてしまったようです」


 みつるはホームを去って行くバスを見送っている。


 クリーム色の塗装に水色の帯がえて見える。車両の側面にはKR505という文字が見えた。


「廃車になった車両をしているようですね」


 みつるは駅のベンチに腰掛けた。


「そのベンチも年代物みたいだな」


 あきらはホームを歩きながら辺りを見渡した。


「ここから少し歩きます。一時間に一本位しかバスがありませんから、帰りの時間も調べておいた方が良さそうですね」


 振り返ると、丁度みつるがウェアラブルパソコンを起動しているところだった。


 あきらは駅に設置されている時刻表を見つけると歩み寄り、上りの時刻を確認した。


 ほんとに少ないな……。


 まばらに時刻が記された時刻表をしばらくながめた後、みつるの横に座り、作業が終わるのを待った。


 暖かな陽射ひざしと、ゆっくりと時が流れる穏やかな風景に、あきらの意識はだんだんと遠くなっていく。


 一度頭を振ってみたが、効果がないので素直にあきらめ力を抜いた。


 静に目をつむる。


 小鳥のさえずりが心地よい。


「お待たせしました」


 どれくらい時間がったのか。みつるの言葉で目を覚ましたあきらは、緊張感の無い自分に顔を赤らめた。


「すまん。みつる」


 ぼそりとつぶやくようにして謝ったが、みつるは特に気にした様子もなく、何故謝ったのか分からないといった顔をしている。


「じゃあ、行きましょうか」


 みつるはあきらにそう言うと、サングラス型のヘッドマウントディスプレイを装着したまま、出入口へと向かった。ディスプレイには、玉里の地図が表示されている。


「今、笑わなかったか?」


「気のせいですよ」


 あきらの問いにみつるは微笑みを返した。


「ほ、ほんとにここが元は駅だったのか?」


 あきらは後ろを振り返った。構内と外とは低いさくで区切られているだけだった。


長閑のどかですね」


 みつるは笑いながら答えると、村の北へ向かって歩き始めた。


 朝早いこともあり、通勤や通学途中の人々とすれ違う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます