第7-2話

「おっさん。こんな時間になにしてんだ?」


 階段に一番近い場所に座っていた金髪の少年は、黒コートの男に近づくと、おどかされて頭にきたというよりも、どちらかと言えば恥ずかしさを隠すために、胸倉むなぐらつかんでからみ始めた。


まぎらわしいんだよ」


 良いところで話しを邪魔された少年が、手に持っていた飲みかけの缶を男に向かって投げつけた。


「もう、やめなよ」


 音の正体が分かりほっとしたのか、安堵あんどの表情を浮かべながら、少女が仲間を止めた。


 投げられた缶が男にぶつかると思われた瞬間、金属的な高い音と共に跳ね返った。投げた少年の顔のすぐ横を、風を切るような速さで通り抜け、背後の林へと消えた。


「な、なんだ」


 男にからもうと近づいていた少年達が、驚いてその場に立ち止まる。


 缶を投げた少年が震える手をほおにあてた。すぐにその手を離し、確かめるように視線を落とした。


 手に付いた液体が自分の血だと気付いたのか、うめき声を上げた。


「なにしやがった。この野郎!」


 男の胸倉を掴んでいた金髪の少年が、怒りにまかせ男に殴りかかった。


 堅い岩を殴ったような鈍い音が響く。


 金髪の少年は、拳を押さえてその場にうずくまった。うらみを込めた目で男を見上げる。


「なっ、なんなんだ。あんた」


 苦痛に顔をゆがめながらそう問う金髪の少年を男は一瞥いちべつすると、無言でコートのえりを直し何事も無かったかのように、再び階段を下り始めた。


 驚き、呆然ぼうぜんたたずんでいた少年の一人がわれに返ると、かたわらに置いてあった金属バットを掴み、男を追いかけた。


「まてよ、この野郎!」


 少年はバットを振りかぶると、男に殴りかかった。


 男は振り返り、目をわずかに広げた。


 バットが男に触れようとしたとき、少年は爆風にも似た衝撃を身体全体に受け、後方へと吹き飛ばされた。


「危ねえ」


 金属バットで殴りかかった少年の後ろに付いて来ていた、別の少年があわてて避ける。


 遺跡を飛び越え、三十メートル程飛ばされた少年は、少女が座っていた場所のすぐ背後の大木に、激しく叩きつけられた。


「ひっ」


 仲間の一人が、痛みにき込みながら血を吐いている姿を見た少女は、悲鳴ともつかない短い声を発して気を失った。


「ば、化け物だ。こいつ」


 自分達の目の前にいる黒いコートの男が、普通ではないことに気が付いた少年達は、一斉にその場から逃げ出した。


 金髪の少年は痛めた拳を押さえながら、気を失って倒れている少女の元へと走り寄る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます