第5-5話

「なんでしたか、思い出せませんね」


 みつるはデバイスから手を離し、目をつむった。


「気になることでもあるのか?」


「吉川駅長はあまり触れて欲しくない様子でしたので、iDCデータセンターのサーバに接続して運転士について調べていたのですが……」


 目を開くと、顔をあきらに向けた。


「いや、それは俺も見てたよ」


 あきらは苦笑して、自分のヘッドマウントディスプレイを叩いた。


 安全装置について訊く前に、まずは運転士について質問するべきだったか。


 みつるは駅長に気を使ったようなことを言ったが、おそらく自分が質問してすぐに駅長が出て行ってしまったから、訊く暇がなかったのだろう。


 扉の外から複数の気配が近づいてくるのが分かった。


 あきらはディスプレイを外すと、斜めになっていた姿勢を正した。


「お待たせしました」


 吉川の声と共に部屋の扉が開いた。駅長の他に技師と思われる人物が一人、運転士らしい人物が三人部屋に入って来る。


 吉川があきら達に簡単な紹介をすると、早速事故原因について技師が説明を始めた。


「環状線は現在、旧型を含めて三つの安全装置が稼動かどうしています」


「三つもですか」


 あきらは装置の多さに驚き、感嘆かんたんの声を漏らした。


「ええ、三つです」


 技師は気を良くしたようだった。更に説明を続ける。


「まず一つ目は、すでに旧式となっていますが、ATS、自動列車停止装置と呼ばれている装置です。古い機械ですが、事故防止機能としては十分信頼のおける装置で、他の路線ではまだ主力として利用されています。ATSは、先の信号機が赤だった場合、地上に設置された装置の上を列車が通過したときに警報を出します。警報から一定時間内に運転士がブレーキをかけない場合、自動的に列車を止めます」


「事故時に、その警報は鳴ったのでしょうか?」


 あきらが技師に尋ねる。


「いえ、警報、自動ブレーキ、どちらも作動しなかったことが分かっています。原因は現在調査中ですが、ATS装置に異常はありませんでした」


「異常がなかったということは、装置の故障や何者かによって破壊されたのではない、ということですか?」


 技師の説明から明らかだが、あきらは一応確認した。技師は「そうです」と答える。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます