第3-2話

「落ちましたよ」


 脚になにかが当たったことに気が付いたみつるは、ゆかに散らばった数枚の書類を見つけた。すぐに拾い集め、黒川に差し出す。


「悪いが、処分しておいてくれ」


 黒川は手の平で書類を押し返した。


「ですがこれは……」


 黒川の目を見たみつるは、機密書類ではないのか? という言葉を途中でのみ込んだ。


 何時いつの間にかみつるの隣に来ていた衣鳩は、横を向いている。


 みつるは黙って書類を折りたたむと、上着の内ポケットに仕舞った。


「この事故報告書は調査室に回しておく。まあ壁が少し崩れただけだから、警備員を一人か二人立たせておけば大丈夫だろう。後はそうだな。警察の現場検証が終わるのを待って、不信な点があれば調査することにしよう」


 黒川は素早く報告書に目を通すと、スタンプを押して衣鳩に手渡した。


「調査室ですね」


 衣鳩は黒川に確認すると、きびすを返して部屋を出て行った。


出利葉いずりは……、はどこだ?」


 戸惑った様子で黒川が、あきらを呼んだ。


 みつるも振り返り、部屋を見渡した。直前までいた場所に、あきらと香那かなの姿がない。


「ここです」


 香那の机の真下から左腕が突き出された。その手を左右に振りながらあきらが答える。


「なにをしているのかは知らんが、出利葉もこっちに来てくれ」


 あきれた顔で黒川がそう言った。


 すぐにあきらと香那が机の下から姿を現した。


 あきらはあからさまに助かったという笑みを浮かべ、なにか小さなものを香那に手渡している。


 不機嫌そうな香那のオーラを背中に受けながら、あきらはこちらへとやって来る。


「なんです?」


 みつるの隣に並び、あきらが黒川にたずねた。


「すまないが昨日起きた渋谷駅での事故を、二人に調べてもらいたい」


「しかしそれは、調査室の仕事なのでは?」


 あきらが疑問を口にした。


「判っている。だから最初にすまないと言った」


 黒川は苦笑して続ける。


「調査室の方は新宿の調査だけでも手一杯なんだよ。タイミングが悪いことに、東京駅地下で原因不明の震動が続いているとの報告が届いたから、そちらにも調査員を派遣することが決まって、もう全く余裕がない」


「では、東京駅でもなにか起こると?」


 みつるはその震動というのが気になった。予感めいた嫌な感じがする。


「新宿、渋谷と続いたからな。不安にもなるだろう」


 黒川が伏し目で答えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます