第3-1話

「事故に巻き込まれたの? 大丈夫?」


 心配半分、興味半分のように訊いてきたのは、環境問題対策室に所属している桜井香那かなである。


 安定を保つため、右手の甲に紋章のような補助回路を埋め込んでいる。夜でもサングラスをかけていることが多い。


 みつるの机の周りに、あきらと香那が集まっていた。


「ああ、みつるがいなかったら、ちょっとやばかったけどな」


「そうですね。ガソリンスタンドに突入する前に、火の海になるところでした」


 苦笑いしているあきらに、みつるは笑いをこらえながら相槌あいづちを打った。


「うっ、それは……」


 みつるの言葉に反論できないのか、あきらは顔をしかめて口籠くちごもった。


「積載物、液体燃料?」


 香那とみつるが顔を見合わせて笑いかけたとき、みつるのすぐ耳元で衣鳩いばとがぼそっとつぶやいた。


「うわっ」


 いきなり背後から声が聞こえたことに驚いたみつるは、不覚にも腰を浮かし、声を上げていた。


「い、衣鳩さんでしたか」


 思わず顔が引きつりそうになる。気配を消して近づいてくる意味が判らない。みつるは衣鳩に対して、若干の苦手意識を持っていた。


 椅子に座り直しながら前を見ると、あきらが目を丸くしてみつるを見ていた。サングラスで表情は見えないが、香那がこちらを向いたまま固まっている。


「失礼」


 みつるは誤魔化ごまかすように咳払せきばらいを一つした。


「事故の報告書はまだか?」


 黒川所長代理が、あきらとみつるに向かって怒鳴った。


 多分苦笑いなのだろう。みつるのすぐ横で、衣鳩の表情がわずかに変化した。


「今、お持ちします」


 みつるは急いで乱れた書類を整えると、所長席へ小走りで向かう。


「事故なのか事件なのかは判りません」


 黒川に報告書を手渡しながら、みつるはそう告げた。


 衝突の直前にたものについては黙っていることにした。


 自分がなにを視たのか。そのことがなにを意味するのかも整理できていなかった。


 当然報告書にもそのことについてはなにも書いていない。


 改めて考えてみると、実際に存在したのかどうかも怪しく思えてくる。


 上手く言葉に還元かんげんできず、あきらにも話していなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます