第1-3話

「昨日ご依頼された件ですが、東京駅丸の内口周辺で原因不明の震動が観測されている。というものがございました」


「そうか。あったか」


 黒川は口元に手を当ててうつむいた。少し弱いような気もするが、しょうがない。


「調べるように依頼してくれる?」


 顔を上げて衣鳩を見る。


「調査依頼書を作成致します」


 衣鳩は頭を下げた。


 疑問に思っているだろうに。席へと戻る後姿を見ながら、必要なこと以外口にしない衣鳩に、黒川は内心感心していた。


 黒川の為に急遽きゅうきょ用意された無駄に大きな所長用の机の隅には、不釣合いに小さなモニターが置かれ、現在そこには莫耶圭一郎ばくやけいいちろうの姿が映し出されている。


 先程衣鳩に頼んで統括管理室へ回してもらったビジュアルメールの映像だ。研究所内全ての部署の各モニターにも、同じものが映っているはずである。


 本来なら昨日朝に生中継される予定の演説だったが、渋谷の事故の影響で、エネルギー研究所だけ延期になっていた。


 きっと何時にも増して長くなる。


 黒川は溜息をつくと、スピーカのボリュームを絞った。


 衣鳩がちらりと視線を向けてきたが、なにも言わず、すぐに自分の仕事に戻ったようだ。


 放り出していた仕様書を手に取った。


 システム名称欄に七種+ナクサプラスと書かれている。


 ぱらぱらとめくりざっと目を通した感じだと、大まかな仕様とテスト、その結果についての資料のようだった。


 ページ番号があちこち飛んでいるところを見ると、見せたくないところを抜いたのか、あるいはその逆で重要なところを抜粋ばっすいして送ってきたのか。


 黒川はテスト結果の備考欄で目を止めた。


 仕様書の最初のページへ急いで戻り、システムの概要について何度も確認する。


 前のめりになっていた姿勢を戻すと、椅子の背に深く座り直し天井を見上げた。


 薄暗い研究室。シリンダ。歪んだ影……。


 過去を振り払うように頭を振った。


 頭の隅に険しい表情をした莫耶総一郎そういちろうの姿が浮かび、さらに激しく頭を振る。


 会長の息子。莫耶本社社長である莫耶総一郎とは、準備室時代から付き合いがあった。


 黒川が準備室のメンバーだった当時、総一郎は直属の上司だった。


 準備室とは犬猿の仲であった研究室とのいざこざに対し、総一郎が間を取り持ったことも少なくない。


 黒川がエネルギー研究所へと配属されたとき、総一郎は莫耶本社の社長に就任していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます