第2-a話

 妻のはるなが朝御飯の支度をしている。キッチンから焦げたベーコンの匂いが漂ってくる。


 リビングに置かれたテレビには、臨時ニュースが流れている。


 運転士の仕事をしている井上秀樹ひできは、居間で新聞を読みながら先日新宿で起きた大規模な陥没事故のことを考えていた。


 秀樹が運転する車両が渋谷駅ホームへ滑り込み、停車しようとしていたときに事故は起きた。


 もう少し遅い時間に発生していたら、無事では済まなかっただろうな……。


 そう思うと背筋に冷たいものが走る。事実、井上の同僚運転士が捲き込まれて亡くなっていた。


「あなた?」


 お盆の上に作りたての朝食を載せ、はるながテーブルの前に立っていた。


「どうしたの? 怖い顔して」


「ああ、なんでもないよ」


 秀樹は不安を悟られないように、料理を並べるのを手伝った。はるなに余計な心配をかけさせたくはない。


 秀樹とはるなは幼なじみだった。大学在学中にプロポーズして、卒業と同時に二人は結婚した。


「紀子はまだ寝ているのか?」


 結婚後間もなく生まれた一人娘である紀子は、四月に幼稚園へ入園することになっている。


「ええ、ぐっすり眠っているみたい」


 はるなは紀子の寝ている部屋をちらりと覗くと、微笑みながらそう答えた。


 秀樹は出勤の時間が迫っていることに気付き、急いで食事を済ませた。


 紀子の寝顔を見てから玄関へ向う。


「行ってくるよ」


 はるなの手によって綺麗に磨き上げられた革靴を履き、鞄を受け取る。

 

 玄関のドアノブに手を伸ばしかけたそのとき、紀子の寝ている部屋から悲鳴にも似た泣き声が聞こえた。


 その声の異常さに驚いた二人は顔を見合わせると、慌てて紀子の部屋へと駆け込んだ。


 靴を脱いでいた分、秀樹は少し遅れて部屋に入る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます