第80話 オナチュー


「ってかさー」


「二人付き合ってんの?」


「一緒にお祭りとか」


 そんな話題にもなる。


 オナチューなら、気にもするだろう。


「偶然」


「だったな」


「スケジュールが空いてただけ」


「やーん。あたしが送ったコメント断ったのに?」


「そなの?」


 と私。


 神威を見やる。


「まぁ、陽子にはお世話になってるしな。ちょっと負債を返済しておきたかったんだよ。わざとじゃないぜ?」


 綺麗な回答だった。


「有栖川さん頭良いもんね~。やっぱ高校でもモテてる系?」


「陰キャやってます」


 嘘じゃない。


 むしろ積極的に本当だ。


「嘘だー」


「謙遜って奴~?」


「ムズい言葉使うなって~」


 キャハハ、と笑う一同。


 ――何が面白い?


「誰かと付き合ってたりして? 彼氏とかいるんじゃない? 有栖川さんモテるし~」


「じゃあ碓氷くん要らないじゃん」


「あっしらで受け持ってあげるよ~?」


 どうぞ、と差し出したいところだけど、流石にソレは無情に過ぎる。


「とりあえず」


 嘆息。


「デート中なので、また今度ね?」


「あっしら邪魔系?」


「空気読めてない系?」


 ――そう相成りますな…………本気で空気読め。


「そんなわけだから。また今度な」


 神威は私の手を取ると、女子どもから距離を取った。


「すまん」


 離れて第一声は謝罪だった。


 気持ちは分かるし、罪悪感も手に取れるけど、今回に限っては神威のせいじゃない。


「気にしてませんよ」


 角の立たない私の言。無難も良いところ。


「マジですまん。こうなるよな」


「自覚的なら、どうしようもない事も分かるでしょ? 神威の市場価値はそんな具合なんだから」


「そうだが……お前はどうなんだ?」


「蝉みたいなモノかな? 季節がら。うるさいけど『うるさい』って言って解決する事柄でもないしね~」


 文句を言っても始まらない……そんな感じ。


 別段、神威をどうのこうのでもない。だって憎まれているのは私の方だったりするのだから。


「だから罪悪感を覚えられると、折角のデートが台無しになるよ」


「お前はほんなこついい女ばいな」


 方言になるほどですか。


「というわけでリンゴ飴食べたい」


「はいはい」


 うーん。


 悪女。


 リンゴ飴はむはむ。


「あー」


 神威がスマホを見た。


「なんて?」


「さっきの連中。同じ高校の奴もいるし。何かと絡んでくるんだよな」


「モテる男は大変だ」


「今度の花火大会のお誘い。どう思う?」


「頑張れ」


「おまえ……」


「何か?」


「いや。何でも無い。愚痴になりそうだ。別に陽子は悪くないのにな」


「さいでっか」


 別段愚痴られても構わないけどね。


 大方の心理状況は察しているし、神威が魅力的なのは否定も難しい。だからって絆されるのもまた違うけども。


「既読スルーするの?」


「そうなるな。そもそも俺に幻想持たれてもな」


「虐められない? 案外やっかみが多そうだけど」


「俺をか?」


 あー……まぁ無理よね。


 弾くには顔が整いすぎている。


「それはお前にも言えるだろ?」


 当方モブなもので、普通に目立たない生活を送っておりますれば。


 そうは言っても神威には説得力が水に濡れた紙の様で……どうにも納得は得られない様子でありまして。


「変装しても玉だよな」


「褒められりゃ嬉しいけどさ……」


 リンゴ飴ガジガジ。


「結局のところ、それなりに良い感じなんだよなぁ」


 誤解されるところがですか?


 お似合いに見えますかね?


 その辺があまり自覚無し。


 いいけどさ。


「はぁ」


 溜め息。


「そろそろ花火だな……」


 火薬の正しい使い方。


 銃やミサイルは邪道だ。


 日の沈んだ夜空を見る……時間的には昏く、星々が見えた。


 ベガとアルタイル。


 恋人同士の星。


 天動説って在る意味不条理よね。


 アステリズムと言いますか。


 本来の星の距離は不条理なまでのディスタンスで、単に過去に光を無謬に変えるのが星座信仰なのだろうけども。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます