第59話 湯豆腐


「仮病は大丈夫ですか?」


「優しい皮肉だね」


 苦笑の一つもせにゃならん……と。


 凜ちゃんが、家に来た。


 夕食を作ってくれるらしい。


 多分に嬉しいことで、なお私より凜ちゃんの方が家事が出来る……というか女子力で私はお兄ちゃんや凜ちゃんに遠く及ばない。


「ちなみにメニューは?」


「湯豆腐で」


「合点承知」


「了解を得られたのは嬉しいですね」


 穏やかに、凜ちゃんは笑った。


 うーん。


 紳士。


「それではキッチンを借ります」


「さっさーい」


 私はコーヒーを飲みながら、ダイニングテーブルに座る。


 皮肉か何か。


 とても薫り高いコーヒーでした。


「どこの?」


「珈琲屋さんのオリジナルブレンドですよ。実のところ、ちょっと値は張りますが味はどうでしょう? 美味く淹れられているといいのですけど……。試飲は美味しかったんでけどね~。素人には諸刃の剣です」


「美味しいですよ」


 率直な私の感想。


「ソレなら良かったです。先生も飲まれますか?」


「コーヒーか?」


「いえ」


 ビールの缶が並べられた。


 買って来たらしい。


「気が利くな。頂こう」


 プシュッとプルタブを開けて、飲み始める、お兄ちゃんと凜ちゃん。


「湯豆腐か」


「真夏に入る前に堪能したかったので」


「いいんじゃないか?」


 お兄ちゃんが心を許すだけでも、凜ちゃんの器量は、さし量れる。


「お仕事は宜しいので?」


「酒が足りん」


 お兄ちゃんもビールを飲む。


「く~~生き返る」


 結構。


 わりと。


 シャレになっていない。


「喉越し爽やかですね」


「日本産業の功績だな」


 私にはわからない会話だ。


 一人コーヒーを飲む。


 見逃す凜ちゃんじゃなかった。


「今日は何してたんですか?」


「読書」


「良い事です」


「ラノベだよ?」


「世界観に優劣はありませんよ。文章はまた別ですけど」


 教師らしい御言の葉だった。


「ま、凜ちゃんもお兄ちゃんファンだしね」


「です」


 穏やかに首肯される。


「然程か?」


 お兄ちゃんは懐疑的らしい。


「面白いですよ」


 これは常に言っている事。


「たしかに俺自身は面白いと思ってるが……」


「拙もです」


 客観的評価…………というものに、少し自覚症状のないお兄ちゃんでありました。


 ビールをゴクリ。


「雨の中御苦労だな」


「ライターはその辺、気にしなくて良いですよね」


「有り難い事だ」


 そーかなー?


 少し考える。


「ていうか教師って何やるんだ?」


「羅列するのが面倒な事を」


「ご愁傷様」


「教員免許は取らないので?」


「ガキを相手にしたくない」


「じゃあ私も?」


「結婚したい」


 頑張れ。


 声にならない応援でした。


「…………」


 ジト目~。


「何でしょ?」


「凜に抱かれるなよ?」


「その程度の分別は付くつもりだけど」


「たまに不安になる」


「そもそも凜ちゃんが、こっちに意識向けてないし」


「陽子が好きなんだろ?」


「シスコンの陰陽陽子がね」


 シンタックスコンプリート。


 お兄ちゃんの小説だ。


「陽子は……」


「…………大丈夫」


「本当に?」


「こっちが聞きたいくらい」




 ――私は、お兄ちゃんの支えになってる?




 否定されるのが怖い。


 拒絶されるのが恐い。


 だって、私はそこに、傷を持つ。


「そうじゃないね」


 傷を持っているのは、お兄ちゃんだ。


 私は何も出来なかった。


 あまりにちっぽけな自分が、酷く疎ましい。


「出来ましたよ」


 昆布だしと、つゆの香り。


「凜ちゃんはお兄ちゃんに抱かれたりしないの?」


「求められていませんので」


「止めろ。ガチで。そっち方面は」


 クシャッ、とお兄ちゃんはビールの空き缶を握りつぶした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます