第55話 恵まれし者よ


 テストの採点が終わった。


 イジメ問題で先送りになった結果。


 正直なところ、全校生徒の皆様方にはごめんなさいとしか言いようが無い……いや此度は決して私のせいではなかろうけども。


「ふむ」


 かくあり。


 ようやく通常運転……と相成り、成績表が張り出される。


「こんなところですか」


 私は学年一位になった。


 殊更望んだわけでもないけど、こればっかりは生まれの業だ。


 別に……勉強が出来て困った事が無いので、元手の要らない趣味としては……中々有益だと評せるはず。


「すごい……ね……」


「学年一位ですか」


 学年総合で、五十位までが羅列される。


 そのトップに、


「有栖川陽子」


 と記されていた。


 だいたい後の展開がわかるのが辛いところ。


 ルサンチマン。


 妬みと嫉みのヘドロ。


 気にしてもしゃーない。


 ざわめきは伝播し、虐められっ子が、学年トップである事は、どうやら成績優良者には面白くない情報だったようだ。


「どーしてかなー」


 私は缶コーヒーのブラックを飲みながら、凜ちゃんのピアノに背中を預けていた。


「誇っていい事だと思いますけど」


「陰キャのつもりだったんだけど」


「点数を下げるわけにもいきませんしね」


 手を抜いてそこそこの点数を取る……というのは精神的弊害で無理だ。


 元々、問題への答案が間違っているかもしれないのに、そこから点数を引き算する勇気が出ない。


 まずもって、


「そこまで慮る必要があるか?」


 というテーゼでもあった。


 本来なら、こっちが斟酌すべき事案でも無いはずなんだけど……体裁やメンツの問題で人間関係が軋みを挙げている……は私と凜ちゃんの共有するところだ。


「何か聞きたい曲はありますか?」


「雨に唄えば」


「だからなんでそんなチョイスなんですか」


「好きだから……かな?」


「拙を?」


「うん。凜ちゃんは好きだよ」


「光栄です」


「凜ちゃんは?」


「愛しい相手です」


「空気を読んだね」


「元々代償行為ですし」


「ソレは知ってるけどぉ」


 シスコンか。


 陽子と陰子。


 私をモデルに、お兄ちゃんが造った架空のキャラクター。


 凜ちゃんはソレに恋している。


 コーヒーをチビリ。


 ほろ苦い味が口内に広がる。


「ジョニー・B・グッドでもいいけど」


「たしかに弾けますけどね」


「一々凜ちゃんは多才だね」


「然程でも」


 運動も勉強も趣味も充実している。


「青田買いすべきかな?」


「誰が誰を?」


「私が凜ちゃんを」


「魅力的な提案です」


 本気で言ってないでしょ。


 ま、霧を掴むような存在感は、今に始まった事でもない。


 お兄ちゃんにくらいしか心を開かないので、女子生徒程度が相手なら恋心の一分も動かせはしないだろう。


 かくいう私も決定打には至らない。


「キスくらいならしてもいいですよ」


「どうせファーストキスは乳児の頃に親に奪われてるしね」


「陽子さんは拙のことをどんな風に好きで?」


「お兄ちゃんの味方」


「なるほど」


 苦笑されました。


「疎んじられるのも血の業ですか」


「あまりそのせいにしたくはないけどね」


「愛らしい陽子さんでいてください」


「努力してみましょ」


 コーヒーを飲む。


 カツン、と、スチール缶が鳴った。


「とりあえず……ありがと……」


「お礼を言われるほどでは」


「イジメの案件……大分走らせたでしょ?」


 凜ちゃんは人の機微にはあまりに聡い……というか究極的に聡くなければ生きていけない人間の一例で、お兄ちゃんの気持ちを勘案すれば、結構無茶をする。


「教師の仕事です。給料分程度は働かなければいけないので」


「凜ちゃんらしいね」


「いつだって拙は拙ですよ」


「今度のデートは奢ってあげる」


「それは社会的に大丈夫ですか?」


「警察に捕まったら事実を話せばいい」


「むぅ」


 ちょっと勝利感。


 凜ちゃんの口を封じさせるのは……これが案外難しい。


 私やお兄ちゃん程度には、処世術を身につけている御仁ですので。


「お兄ちゃんはモンスターブラザー?」


「自重はして貰いましたけどね」


「どうやって?」


「大人は酒で鬱憤を晴らす物です」


「私には無理だね」


「それはいずれ覚えれば良い事」


「第九を弾いて」


「あなたに喜びあらんことを」


 やっぱり凜ちゃんはイケメンだなぁ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます