第54話 空気の針よ


 そんなわけで通常営業。


 イジメの件は、表向きには収まった。


 ラインのセカンドレイプも、情報の出所を警察が調べ、然るべき処置を学校が執り行ったのも大きいだろう。


 結果として結界を造った。


 いや、駄洒落じゃなく。


 不文律とでも言うのか。


「有栖川陽子には近付くな」


 が、学校の空気となって、チクチク針のように刺す。


 春人と五十鈴は、自然に接してくれるので、孤立する事はないけど、他の生徒は、私の後ろにモンペを見たらしい。


 確かに異常な対処ではある。


 とはいえ保護者役のお兄ちゃんにしてみれば……ある意味で一種のアナフィラキシーショックだろう。


 蕎麦の一口。


 蜂の一刺し。


 抗体の暴走。


 言ってしまえばアレルギー反応。


 ちなみに両親は、イギリスで大学の講師をやっているので、中々家には帰ってこない。


 別に責めてるわけでもないけどね。


 春人と違って恵まれているのだ。


 地球の裏側で心配されても、一銭にもならないので、


「黙秘」


 とお兄ちゃんには告げている。


 お兄ちゃんも愚兄ではないから、責任の範囲でしか対処をしない……これは実は凄いこととして捉えられるのだ。


 結果として、複数の停学処分者が生徒から出たけど、


「さもありなん」


 で済む話。


 自業自得とは正にこの事だろう。


 その意味で停学処分は真っ当だろうけども、それ以上に「私こと有栖川陽子」のアンタッチャブル性はどうにも浸透しているようで。


「で、避けられていると」


「小生は良いけどね!」


「僕も……かな……」


 良きかな。


 有り難い友情にございます。


 蠱惑的なセーラー服。


 春人可愛いよ春人。


 そっちの趣味は無いはずなんだけど。


「わん」


 五十鈴には覚られたらしい。


 不満げだ。


 私と春人の関係に嫉妬しているのか……あるいは不穏を覚えているのか……ソレさえも分からず、この場にて、あやす以外の手立ても思い立たず。


「お手」


「わん」


 右手で、五十鈴の左手を握る。


 ちょっと可愛い。


 そんな感じの学校生活です。


「日高先生」


 私は凜ちゃんを呼び止めた。


「またイジメですか?」


「いえ、なりを潜めましたよ。ご尽力には感謝を」


「教師の務めですので」


 うーん。


 ジェントルマン。


「仕事は忙しい?」


「有り難い事に」


「今度デートしない?」


「構いませんが……宜しいので?」


「宜しいです」


「ではその通りに」


「にゃは」


 思わず綻んでしまう。


 喜色百%。


 勇気百倍。


「仕事?」


「ええ」


「手伝おうか?」


「ソレは助かります」


「日頃の恩顧に報いて」


「陽子さんはいるだけで勇気になりますよ」


「ひまわり娘?」


「たまに陽子さんの精神年齢がわからなくなります」


「実はおっさんの転生体でして」


「ギャルに生まれ変わったと?」


「陰キャだし!」


「ザ・モブキャラではありますれど」


「でしょ!?」


「でも可愛いですよ」


 手が差し出された。


 頬をさすられ、顎に添えられる。


「キスしますか?」


「解任されたいならどうぞ」


 すでに生徒の耳目は集めている。


「日高先生は格好良いからね」


「陽子さんには敵いませんねぇ」


 そかな?


 ――凜ちゃんもだいぶ良い性格してるけど。


「否定はしませんよ」


 クスリと笑われる。


 だいたいここら辺が、私と凜ちゃんの共通だ。


 皮肉を言うときは紳士淑女になる。


 だから好きだし気に入ってる。


 一番の理由では……………………無いにしても。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます