第43話 アンデルスさん家の事情


 私とお兄ちゃんの住むマンション。


 その近場のマンションに、春人のマンションはあった。


 五月も後半。


 私はその家を、初めて訪ねた。


 インターフォンを押す。


『はいはい……?』


「有栖川陽子と申しますが」


『陽子さん……』


 エントランスのドアが開く。


 エレベータに乗って、最上階へ。


 部屋のフォンを鳴らす。


「ども……陽子さん……」


「こちらこそ」


 慇懃に一礼。


「歓待してくれて感謝の言葉もありません」


「えへへ……」


 はにかむ春人でした。


 可愛い!


「それからお茶請けを」


 紙袋を差し出す。


「何かな……?」


「カップケーキを焼いてみたんだけど……」


「多才……」


「いえ。スマホに教えてもらいました」


 実のところ女子力は然程高くない。


 どっちかってーと基本的に女子力が高いのは、お兄ちゃんや凜ちゃんといった保護者枠の管轄になるのだった……相対的に。


 二人揃って女子じゃないけども。


「でも凄い……」


「恐悦に存じます」


 そして上がらせて貰う。


 案外綺麗にされているのは、誰かしらの意図の反映か……あるいは私の来訪を知っての即席手段か……あんまり他者のことは言えないので黙っておく。


「御両親は?」


「いない……よ……」


 え……と……。


 この口調は、


「仕事で」


 って雰囲気じゃなかった。


「その……」


「察してくださると……助かる……」


 ですよねー。


 我ながら空気が読めてない。


 安易ではあったけど……その……もうちょっと……地雷の踏み方にも思慮および勘案すべきだったかもしれない……という、そんな少しの後悔。


 そっかぁ。


 一人暮らしかぁ。


 しかも此処に。


「とりあえず……お茶にでも……」


「え、あ、そうだね」


 少し気圧されている自分を発見する。


 図太いでも言うのか……あるいはそんな私としても珍しい気圧され方を……私自身が覚えていた。


「やっぱり……コーヒー……?」


「何でも構いませんよ。紅茶でも梅昆布茶でも……あるいはセンブリ茶でも」


「じゃあ……コーヒーで……」


 ――何故聞いた?


 少しそう思った。


 コーヒーメーカーが鳴く。


 案外手堅く、真面目に作るらしい。


 リビングで一人、コーヒーを待つ。


「カップケーキ……出していい……?」


「構いませんよ」


 ただし味は保証しないけど。


 コーヒーとお茶請けが出された。


「不味かったら不味いって言ってね?」


「余計……言えない……」


 そりゃそうだ。


 他者と面と向かって言える言葉でもない。


「ハムリ」


 カップケーキを食べる春人氏。


「美味しい……」


 綻ぶ表情。


 まぁ私も試食はしているから、食べて死ぬ事は無いだろうけども……この場合死んだら拍手喝采で。


「美味しいよ……とても……」


「重畳です」


 コクッ、と少し頭を下げる。


 善意故の言葉か。


 たしかにおべんちゃらかどうかは判断しようにも難しい……っていうか春人を疑うのは、それはそれでどうなんだ?


「コーヒーも美味しいですよ」


「重畳……」


 さもありなん。


 リビングを見渡す。


「綺麗にしてるんだね」


「お恥ずかしい……」


 いや……むしろ誇っていい事かと。


 子どもの一人暮らしには広い部屋だ。


 高級マンションだから、しょうがないけども。


 さっき案じたけど、どうやら春人の能力の内らしい。


 しばしコーヒーを満喫する。


 ちなみに春人は、美少女風だった。


 来ているのは薄手のロリータファッション。


 髪をリボンで結んで、前髪を流している。


 繊細な御尊顔が、今は隠れていない。


 何処までも美少女だった。


 正確には男の娘か。


 男でも欲情しそうな愛らしさ。


 私も抱きしめたいくらい。


 コーヒーを一口。


「部屋でも女装してるの?」


「可愛い服が……大好きだから……」


 らしいっちゃらしい。


「一人で暮らして寂しくない?」


「もう慣れました……」


「そっか」


「すみません」


 何が?


「気を遣わせてしまって」


「こっちの台詞だよ」


 薫り高いコーヒーを飲むのだった。


 誇り高い春人を見やりながら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます