第42話 仮入部


「んー……」


 中間テストが終わった。


 ウェストミンスターチャイムの音色と並行して、背伸びをし、大げさなほど酸素を取り込んで酸化反応を促す。


 生物の基本。


 とりあえずコレで一段落。


 後は成績発表まで、ダラダラするのみ。


 授業は普通にあるけどね。


 今日の処は、半ドンだ。


 帰る前に、手芸部に寄る。


 もちろん私と……それから春人。


 春人は正式に入部していた。


 私は仮入部。


 ホケッとコーヒーを飲んで、隣の春人を見やる。


 ――即戦力。


 正にその通りの技術を持つ生徒であり、あらゆる意味で突き抜けている剛の者……そうも呼べるはずだ。


 その御当人。


 手縫いで、生地を補強していた。


 そういえば家でも、裁縫はやってるらしいね。


 しばらく見ていると、その化け物……って表現は失礼かもしれないけど、他に適当な言葉の見つからない……断じて行なえば鬼神も之を避くの体現者に声を掛けられた。


「やって……みますか……?」


「並縫いくらいしか出来ないけども」


「構いません……よ……?」


 そう?


 それなら。


 生地を渡される。


 ツイツイ。


 縫うと、


「力加減が……絶妙ですね……」


 褒められた。


「そう?」


 あまり自覚もあらなしならば。


「ええ……。手縫い特有の……優しさがあって……」


 家庭科の授業で、習っただけだけど。


「それで……コレだけ出来るなら……凄いです……」


「ありがと」


 ツイツイ。


 曰く、


「針が布を弾かない」


 とのこと。


 言っている意味は分からないけど……何かしら褒められる要素ではあるはずだ。


 多分……なんて不確かな前提は付くけど、こと此処、裁縫に於いて春人がおべんちゃらを述べるとも思えないし。


「今縫っているのは?」


「絵馬高校の制服だよ~」


 部長さんが言ってくれた。


「いっそ入部しちゃえば?」


「今のところは仮入部で」


 裁縫は、得意ではない。


 さっき春人に褒められたけど。


「絵馬高校……ね」


 神威の高校だ。


「お手本があった方がやりやすいでしょ?」


 とのこと。


 実際に、絵馬高校の女子制服が、家庭科室に飾ってあった。


「アレ着るの?」


「ダメ……ですか……」


「超可愛くなると思う」


「あはぁ……」


 エッチな目で見られると、春人氏は蕩けてしまう。


 どうやら私でも良いらしい。


 実際可愛いしね。


 南無三。


 しばらくツイツイと生地を縫う。


「本当に……初めて……?」


「初めてというか……」


 学業以上のものではない。


「ふぅん……?」


 少し怪訝な顔をする春人でした。


「じゃあさ……」


 はいはい。


「今度……我が家に……来ない……?」


「いいの?」


「陽子さんなら……大歓迎……」


 互いに友達いないしね。


 虚しい。


 伊達眼鏡同盟は、あらゆる意味で残念無念……というかむしろソレを歓迎している節すらあるのだから救い難い。


「ま、いいけど」


 そゆことになった。


 コーヒーを飲む。


「うーん……」


 布を縫いながら、こちらをしげしげと。


「何か?」


陰陽陽子おんみょうようことか……似合いそう……」


 陰陽陽子……ね。


「合わせ……する……?」


「春人が陰陽陰子おんみょういんこ?」


「うん……」


「別に構わないけど」


「にゃ……」


 パァッ、と春人の表情が花開いた。


「嬉しいの?」


「陽子さんは……可愛いから……」


 一応陰キャ目指してるんですけど……。


 言って詮方なき……か。


 既述の如く。


「じゃあ次の日曜」


「近場だしね」


 そう相成った。


「お兄ちゃんが暴走しそう」


「あはは……」


 こっちは笑い事じゃないんです。


 シスコンだからなぁ。


 うちのお兄ちゃん。


 ズキリと胸が痛む。




 ――死んだ方が楽――




 その言葉が、胸を突いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます