第37話 ふわとろオムライス


「やっほ」


「よう」


 時間通り。


 喫茶店前で、集合する私たち。


 私はデニムの春コーデ。


 髪はストレートで、眼鏡も無し。


 ちょっとギャルっぽいメイクをしてみた。


「懐かしいな」


「まぁね」


 そういう神威はジャケットとジーパン姿。


 プレートのネックレスが、陽光を反射する。


 髪はワックスでとげとげにしていた。


「うーん。イケメン。コレは確かに周りの女子が放っておかないかも……まぁ趣味の多様性はここで述べるまでもないけども」


「惚れたか?」


「別に」


 端的に述べるなら、見飽きている。


 神威が格好良い男の子……それは認識した上で、それでも私にとっては大和男児の延長線上の存在でしかない。


「なんて言うかさぁ。おまえさぁ」


「何か?」


「いい。この唐変木め」


 至極光栄に。


「ていうか此処で良かったのか?」


「回らない寿司屋でも良いんですけど……それだけの財布事情を持っていらっしゃるので? 今からでも修正が聞くのならその通りに致しますが?」


「うぐ……っ」


 そんなわけで喫茶店に入る。


「いらっしゃいませ」


 とは店員さんの御言の葉。


 お冷やを持ってこられ、お品書き。


「エスプレッソとふわとろオムライス」


「カプチーノとナポリタン」


「承りました」


 伝票に書き込んで、下がるウェイトレスさん。


「今日は何してたんだ?」


「勉強」


「休みの日によくやるな」


「別に勤勉って話でも無いけどね」


「楽しいか?」


「物理と数学は特に」


「何故?」


「パズル感覚で楽しめるから」


 事実だった。


 公式に当てはめて、綺麗に答えの出るところは、わかれば楽しい。


 色んなバリエーションが楽しめるしね。


「因業だな」


「こればっかりは生まれつき。別に勉強が好きなガリ勉じゃないけど……普通に問題を解くのはクイズ感覚だしね」


 差し出されたコーヒーをゴクリ。


「そっちの高校生活はどう?」


「それなりだな」


「嘘吐け」


 半眼で睨む。


「何故に?」


「こっちであれだけなら当校だともっといるでしょ?」


「まぁ告白はされた」


「わお」


「心を込めずに言われてもな……」


「実際モテるしね」


 おかげで私に迷惑が降りかかったワケだけども。


「有り難い事だ」


 大和男児としての格好の良さは認める。


 事実、おかげで私が自重する羽目になった程度には。


 しばし四方山話。


 アイドルがどうの。


 政治事情がどうの。


 勉強の形がどうの。


 何につけ、他者の意見は貴重だ。


 私としても、神威の意見には耳をよせることができて、鞭故の発想は少し感銘も覚えたり覚えなかったり。


 そこでウェイトレスさん。


「こちらオムライスとナポリタンになります」


 とのことで、昼食を開始。


 オムライスをハムリ。


 卵ふわふわで、チキンライスはしっかり味を付けられている。


「幸せ」


「安いな」


 そんなもんです。


 洋風天津飯とでも言うのでしょうか?


 なんとなく、そんな感想。


「は……」


 神威も、ナポリタンを食す。


「で、彼女作らないの?」


「それには既に言った」


「だったね」


 ふわとろ。


 幸せ。


「本当にわかってるか?」


「男にしか興味ないんでしょ?」


「喧嘩売ってるんだな?」


「ジョークの一環」


 ふわふわ卵。


 デミグラスソースがまた美味。


「学校では陰キャなんだよな?」


「ですねぇ」


「男作る気無いの?」


「お兄ちゃんを見て育ったからね」


 本人には言えもしないんだけども。


「ああ、あのイケメンの」


「好男性ね」


 必然、男子の評価も辛口になる。


 今は凜ちゃんもいるしね。


 あれは一つ……何と言うべきか……女の子にとって究極とでも呼ぶべき完成された好男性で、紳士の属性も兼ね備えた完璧超人だ。


「何だかなぁ」


 とは私の嘆息。


 因業。


 そう評された。


 ――事実そうかもしれない。


 それは喉の小骨だった。


 ふわとろオムライスは絶品でございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます