第22話 久方ぶりの再会


「マジ?」


「アプローチかけちゃう系?」


「ていうか誰待ちよ?」


 四月も折り返し。


 ブルーマンデーの放課後。


 学内はちょっとした噂で、私にはちょっとわからない領域ですけども……キャイキャイ騒いでいた。


 なんでも、


「校門にイケメンがいる」


 らしい。


 風聞を聞くに。


 さらに耳敏く。


 女子生徒の群れが、教室の窓から校門を見据え、何かとザワザワガヤガヤと相成ってございます。


「あれって絵馬高校の制服っしょ~?」


「あー、彼女待ち?」


「えー、それアリ?」


 死ぬほどどうでもいい。


「陽子さん……」


 とは後ろの席の、春人。


 今日もモブ美少女絶好調。


 エッチな視線が大好きな変態でもある。


「帰りましょう……?」


「そうね」


 今日は図書室に寄らない日らしい。


 案外仲良くなってきている。


 拈華微笑。


 と、


「有栖川さん?」


「はい?」


 凜ちゃんに呼ばれた。


「何でしょう? 日高先生」


「それからアンデルスさん」


「あう……」


 春人にまで声をかける。


「少し書類を運ぶのを頼みたいのですけど」


「構いませんよ」


「微力ながら……」


 そんなわけで、こんなわけ。


 職員室から、特別棟まで、書類を運ぶのを手伝った。


「凜ちゃんの仕事じゃないの?」


「いいじゃないですか。内申書が肯定的になりますよ」


「特に要らないかなぁ」


「そう言わず」


「ジュース奢ってね」


「その程度は構いませんよ」


 サラリ。


 涼風の様に笑う凜ちゃんでした。


「仲……良いんですね……」


「ちょっとした知り合いでね」


「そういう……感じ……?」


「誤解」


「あら。拙は有栖川さんに好意的ですよ?」


「仲良くはするけどさぁ……。教師としてその発言はあまりにどうなんでしょ? せかちに怒られるよ」


 ジト目。


「そのレベルで済めば良いですけどね」


 確かに。


「あう……」


「そこで赤面するんだ」


 ちょっとわかりづらいけども、春人は中々に純情だ。


 変態も事実だけどね。


 仕事が終わって、それから自販機でジュースを奢って貰った。


 私はコーヒーのブラック。


 春人はミルクティー。


 凜ちゃんはオレンジジュース。


「なんで日高先生が一番子どもっぽいの?」


「ビタミン補給です」


 野菜食え。


「それでは、御苦労様でした」


「何かあったら頼ってね」


「ええ。期待させて貰います」


 穏やかに笑みを浮かべる。


 全く嫌みになっていない辺りが空恐ろしい。


「じゃ、帰ろっか」


 丁度ご近所だ。


「ですね……」


 春人も頷く。


 外靴に履き替えて、校門へ。


 何やら一団が居た。


 黒のセーラー服。


 時代に取り残された泰山高校の制服が、甘味を見つけたアリのように、群がっている。


「ま、関係ないか」


 サラリと無視。


「誰待ち?」


「ライン交換しよ?」


「絵馬高校っしょ? ここで何してんの?」


 やいのやいの騒ぐ女子生徒らに、


「いや、だから待ち人がいて」


 絵馬高校の男子生徒はタジタジだった。


 スルーが健全。


 そう思って通り過ぎようとすると、


「陽子!」


 声がかかった。


 男子生徒から。


「…………神威?」


 大和男児を思わせる雰囲気。


 髪も染めていないし、チャラくもない。


 むしろ普遍でありながら、漂う清潔感が、彼を特別なモノにしていた。


 中学時代に交流のあった男子生徒。


 碓氷神威うすいかむい


 なるほど確かにイケメンだ。


 中学時代も、女子に好意を寄せられていた。


「っていうか、その格好は……」


 神威は私に向けて、二度見、三度見していた。


 此方にも都合はあり申しまして。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます