第20話 大人の意見


「部活……ですか」


 輪ゴムで前髪をとめたシェフこと凜ちゃんが、フライパンを温めながら、そんな呟き。


「ラインでも言ってましたよね」


「何か楽しい部活無いかなって」


「拙もあまり知りませんねぇ」


 おい。


 卒業生。


「基本勉強漬けだったので」


「あー……」


 それは。


「ごめんなさい」


「気にしなくて構いませんよ。でも気遣いは嬉しいです」


 なんて紳士。


 たしかに凜ちゃんは紳士で……それにもまして真摯というか……あるいは誠実というか……その辺はよく分かったり分からなかったり。


「お兄ちゃんと結婚するんだろ?」


「シスコンも大概にせえや」


「約束したじゃん」


「公文書が残ってないのでノーカン」


「処女だよな!?」


「グサッとくること言わないでくれる?」


 処女だけども。


 畜生。


 男が居ないんだよねぇ。


 幻想持つ連中は相手にする気無いし。


 あるなら、まず眼鏡を取る。


 次に、三つ編みおさげをやめる。


「アンデルスさんとはどんな話を?」


「手芸部に興味があるんだって」


「女装好きそうですよね~」


 実際遭遇したもんね。


 やっぱパパ活やってるのかな?


 そこは常識を疑う。


「はい。出来ましたよ」


 ちなみにロコモコ丼でござい。


「うむ。美味し」


「凜ちゃんを娶る人は幸せだね」


「なんなら陽子さんを娶りましょうか?」


「いいけどオマケでお兄ちゃんまでついてくるよ?」


「構いませんけど」


 烏丸フリークだったね。


 そう言えば。


「お兄ちゃんも文芸部とかは入ってないよね?」


「ま~な~」


 はぐはぐ。


 がつがつ。


 基本的に、ネットで記事を書いてて拾われた類だ。


 その成果は類を見ないけど。


「ゲームする部活とかはないので?」


「TRPG系は一つあった」


「いえマシンゲーム」


 ソシャゲの時代ですよね。


 ぐだぐだはしております。


「生徒社会的に無理かな?」


 そも教師が許すまいよ。


「ですね」


 その教師が淡々と述べ申しまして。


「今は何をされているので」


「図書室で座敷童」


「らしいです」


「SFが最近の流行り」


 Vサイン。


「お兄ちゃんの本は?」


「最新でチェックしてるし」


 読む読まないって言うか、中身知られてる感が半端ない。


 勝手にお兄ちゃんから、相談持ちかけられたりするしね。


 覚るなって方が無理だ。


「部活ね」


「無理しても良い事はありませんよ」


「気が逸ってるな」


 凜ちゃんとお兄ちゃんは、それぞれ悟ったように言って、ビールのプルタブを開けるのでした。


 飲むんかい。


「そもそも陽子は働かなくて良いぞ? お兄ちゃんが養ってやる」


「絶対働く」


「何故!?」


 むしろ何故そこで狼狽するの?


「シスコン」


「愛だよ君」


「凜ちゃんと結婚すれば?」


「男色のケは無い」


「陽子さんも腐女子じゃないでしょう?」


「いえ……まぁ……嫌いでもないんですけど」


 しょうがないじゃん!


 男性に夢見る乙女じゃいられますし!


「にしては彼氏も造らないで」


「凜ちゃんは?」


「陽子さんが好きですよ」


「いき遅れるよ?」


「なんとかなりますって」


 ケラケラと笑ってビールを一飲み。


 アルコールが脳に回っているようだ。


「そもそも陽子がいなければシスコンは生まれなかった」


「肖像権の侵害?」


「ある種、俺が陽子に養って貰っているようなモノだな」


「逆説的に……」


「面白い発想ですね先生」


「やっぱり恋人は妹に限る」


 酔っ払うと途端に役に立たなくなる。


 部活の話は何処に行った?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます