第19話 部活の有意義さ


「是非に」


 とのことで、チラシを貰った。


 部活勧誘期間。


 体育館では、毎年恒例で、それぞれ部活の紹介やらデモンストレーションやらが行なわれている…………らしい。


「春光かぁ」


 図書室で、ボケーッと、校舎を見ていた。


 部活も、入るのは良いんだけど、


「自分のしたい事ね」


 特に思いつかなかったり。


 ――何をすれば良いのか?


 ――むしろ何をすべきか?


 勉強するだけが取り柄の私でした。


 お兄ちゃんは自営業やってるし、凜ちゃんは先生やってるし。


 青春ってんなら、こちらだろう。


 でも勉強だけ……も味気ないよね。


 それは……多分……きっと……。


「どう思う?」


 とは春人へ。


「帰宅部も……青春ではないですか……?」


 その発想は無かった。


 なんか帰宅部って能無しが能無しを能うために存在する様な……ある種で私の様な境遇を浮き彫りにする活動に思えてならない。


「春人は入部とかするの?」


「手芸部には興味があります」


「あー、それっぽい」


 男の娘だしね。


 ロリータファッションとか似合う美少年。


「陽子さんは……?」


「文芸部……も今更だし」


 本を読みたいなら図書室がある。


 文章書くにもパソコンいるし。


 スマホでも書ける時代だけどさ。


「では……?」


「帰宅部?」


「可愛らしい格好なら……マネージャーもありじゃないですか……?」


「余計な慕情はいらないかな」


 スポーツマンと恋愛する気は無い。


 チラシを一枚。


「ミス研ね」


 文芸部と何が違う?


 読む本かな?


 スマホをカシカシ。


『オススメの部活とかある?』


 凜ちゃんにライン。


『無理に入らなくても宜しいのでは?』


『凜ちゃんの顧問は?』


『さすがにありませんね』


 新米教師は仕事を覚えるのが仕事ではあろう。


 というか凜ちゃんが顧問をすると、女子生徒が殺到しかねない。


『好きだと思えることをやれば良いんですよ』


 ご尤も。


 相も変わらずの雰囲気イケメンめ。


 御尊顔も麗しゅうござんすけど。


「手芸部ね」


「興味が……?」


「どっちかってーと春人の方に」


「照れる……」


「そりゃようござんして」


 髪で顔を隠しているので、本当に照れているのか。


 ……よくわからない。


「勉強部とかないのかしら?」


「本末転倒……ってそのことですよね……」


 理解はする。


「部活……ね」


「幽霊部員でも……いいんじゃないのかな……?」


「文化系ならそうかもね」


「陽子さんは……可愛いし……」


「他の人に言わないでね」


「僕も……言われたく……ありません……」


 でしょうね。


「運動部は却下として」


「文化部……?」


「それよね」


 色々とありまして。


 チラシを並べる。


「サブカル研かぁ」


 まぁ私はオタクだ。


 三つ子の魂。


 住み心地は良かれども。


 もう一押し……何かが欲しかったり。


「殊更帰宅部だからって斬首刑になるわけじゃないか……」


「だったら……問題すぎです……」


「考える時間も必要ね」


 部活動見学もするべきか?


「南無八幡大菩薩」


「戦うの……?」


「青春と」


 見えない敵は何時だって自分の中に。


「お兄ちゃん……か」


 小さな声で。


 ポソリ。


 呟いた。


「夢の有る人が羨ましい」


「夢が無いので……?」


「勉強くらいしか取り柄が無い物で」


「男装とか……」


「絶対無理」


 それは断言できる。


「まずは……燕尾服を着るところから……」


「男装の麗人?」


「ダンスの男子パートを覚えると……女子にもモテモテ……」


「やな未来」


 じゃあ何やるかって話でもあるけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます