第17話 駄弁る陰キャ


「……………………」


「……………………」


 私と春人は読書の春を陽気に過ごしていた。


 二人揃って、本を読む。


 図書室だ。


 利用者が少なく、ここなら二人きりになれる。


 在る意味で都合良く、在る意味で理屈良く、そのため二人で読書という行動も、ここでは全く以て普遍的な意味を持つのも道理だろう。


「……………………」


 少し手を止める。


 対面に座っている春人を見た。


 前髪で隠れた目元。


 さらに伊達眼鏡でコーティング。


 けれどその穏やかな碧眼は、宝石に例えて足りないほど。


 エメラルド以上に透き通った碧色は、なるほど人外の可能性を……ここまで警鐘するに値するはずだ。


 多分。


 きっと髪と瞳の色のことは、散々言われてきたのだろう。


 私にも似た経験はある。


 地毛が茶髪。


 染めたわけでもなく、親の遺伝子で。


 お兄ちゃんも茶髪だ。


 こういうと妹馬鹿みたいだけど、


「実は格好良い」


 程度の評価はしている。


 ……あの残念なシスコンを除けば。


 けれど比するに、春人はもっと酷いだろう。


 春人。


 春人=アンデルス。


 私は彼を何処まで知っているのか?


 ときおり、精神が危うくなる。


 というか、本当に私は春人を同情できるのか――――が、此度の私に於けるテーゼでありましょうぞ。


 何処かで、


「何も知らないくせに」


 そう責める自分がいる。


 お兄ちゃんも、凜ちゃんも、イケメンだった。


 しかも日常的に付き合っていた。


 だからガツガツはしないけど、


「…………何か……?」


「なんでもござんせん」


 春人は、「ちょっといいな」って思ってしまう。


 凜ちゃんも好きだけど、アレは例外中の例外。


 背伸びせず、付き合うなら、


「………………春人か」


 ボソリと呟く。


 聞こえない声量で。


 今ならお買い得。


 だって誰も評価していない。


 知っているのは私だけで、交流も私だけ。


 世界の片隅で愛を叫びたい系。


 ――好きなのかな?


 どこか他人事。


 好意的ではある。


 ライクの意味でなら好きだろう。


 ――じゃあラブでは?


 そこまで考えて、思考がフリーズした。


 そもそも処女じゃん。


 告白されたことは多々あれど、頷いたことは一度もない。


 ギャルやってながら恋愛経験値ゼロ?


 ヤバいかな?


 でも、知らない人に、


「好き」


 って言われてもなぁ。


 そう思うと……。


 ――春人が好きって言ったら私どうするんだろ?


 ちょっとした命題。


 好きなのか?


 付き合うのか?


 セックスするのか?


「……………………」


「どうか……なされましたか……?」


「え?」


「読書に……集中できていないようで……」


「ああ、その、少しね」


「悩みでも……?」


「そんなところ」


「不用意に触れていい話題ではないなら……相談に乗りますけど……」


「それ、髪をかき上げてから言って」


「無理です」


「イケメンなのになぁ」


 スマホの裏側に張ったプリクラを見る。


 イケメン化した春人。


 目の前にいるのは、髪と眼鏡で顔を隠した男の娘。


 これが同一人物ってんだから、この世は不条理だ。


「シスコンは楽しい?」


「とても……」


「ホントに?」


「面白いと……思います……」


 お兄ちゃんも喜ぶかな?


 少しそう思う。


 まぁ確かに楽しいのだから……お兄ちゃん……烏丸……その存在意義というかレゾンデートルもあるのでしょうけどね。


 南無三。


「陽子さんも……読んでいるのでしょう……」


「ま、ね」


「どうですか……?」


「複雑な心境」


 凜ちゃんも言ったけど。


「双子の妹の一人と……名前が同一ですね……」


「だね~」


 南無三。


「アニメ化……しないんでしょうか……」


「してほしい?」


「ええ……。是非……」


 さいでっか。


 陽光差し込む図書室。


 金色の髪が輝いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます