第13話 ダラダラと


「面白かった……です……」


「だねぇ」


 ファーストフード店で、昼食を取りながら、私と春人は先ほど見ていた映画を論評していた。


「二段覚醒……ってありですか……?」


「賛否両論みたいね」


 本人は気にしてないらしいけど。


「烏丸先生の本を……読んでおいでで……?」


「今更過ぎない?」


「とは申せども……」


「まぁそうね」


 確認も必要か。


「概ねね」


「面白いですよね……」


「否定はしないよ」


 チューとコーラを飲む。


 お兄ちゃんの感性はあれども、アレは確かに確固たる一つの世界を持っている……とでも述べられるのか?


 どうなんだ?


「女の子と……波旬の覚醒は……萌える……」


「ついでに燃えるわよね~」


「です……」


「楽しめたなら良かった」


「ありがとう……ございます……」


「何処から出た言葉?」


「その……僕を……エスコートしてくれて……」


「然程じゃないけどね」


 たしかに春人は、そこら辺の経験値が薄そうではある。


「映画なんて余裕余裕」


「そうでしょうか……?」


「隣にいるのが春人ならね」


「えと……光栄です……?」


「こっちこそ」


 クスッ。


 笑ってしまった。


「じゃあ次はゲーセンね」


「ゲームは……あまり……」


「写真撮ろうよ。記録に残さないと勿体ないって」


「えと……然程の者では……」


「あるから言ってんの」


「ですか……?」


 です。


 ガチでやばたんだ。


「超イケ。本気になるレベル」


「恐縮です……」


 イソイソと。


「なんでそんなに自信ないの?」


「男らしくが久しぶりなモノで」


「あー……」


 なる。


「女装するとどんな感じになるん?」


「…………」


 画像データを見せられた。


 スマホで。


「わーお……」


 絶句。


 ゴスロリの美少女が映っていた。


 金髪碧眼。


 目の前のイケメンとの共通項はそれだけ。


 マジで別人に見える。


 そして私の記憶に再認がヒットした。


「もしかしてパパ活とかしてない?」


「してますけど……?」


「超だよね」


 卒業休みの凜ちゃんとのデート。


 親父に絡まれたゴスロリ美少女の記憶。


 画像データと一致した。


 あの時の乙女か。


 少し長い前髪を、愛らしいヘアピンで留めている女の子。


「なるほどね」


 斯く斯く然々。


「あ……それで……」


「そういうことね」


 確かに可愛いけども!


「パパ活は辞めて」


「そのう……無理です……」


「何故に?」


「性癖で……」


 うわお。


 予想外のフルスイング。


「処女じゃないの?」


「処女です……」


 援交はしていないらしい。


 男の娘って需要あるのかな?


 少し考える。


 フライドポテトをはむり。


「なにか?」


「女装は……レゾンデートルなので……」


「パパ活とは関係なくない?」


「そのう……」


 何かを言いたいらしい。


 結局何も言われなかったけど。


 ま、後は本人ばかりなり……か。


 別に保護者でもないしね。


 勿体ないのはお互い様ってことで一つ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます