第9話 春人とのライン


 家に帰って、小説を読んでいると、スマホが震えた。


 ラインだ。


 相手は春人。


 春人=アンデルス。


『このたびは譲ってくださりありがとうございます』


 そげな卑屈にならんでも。


 他者に言えた義理でもないけども。


『面白かった?』


『とても』


 それはようござんした。


『もみじの覚醒イベントは興奮しました』


『わかります』


 さすがに読まされればね。


『烏丸茶人の本は読まれているので?』


『それはまぁ』


 目に入るというか。


 何というか。


『面白いですよね?』


『ええ。とても』


 なんか背徳感が。


『それで……その……』


 三点リーダを使うほどですか。


『よければ外法少女の劇場版を一緒に見てくださいませんか?』


『構いませんが』


 たしかに烏丸茶人のファンなら見ておきたいところだろう。


 私は既に見ているけど。


『じゃあ次の日曜日に』


『本当に宜しいので?』


『イヤならイヤって言うから』


『ではその通りに』


『さっさーい』


『よかったです』


『別に映画に付き合うくらい』


『迷惑だと思われたらって思うと……中々に』


『先に言ったけど、イヤなことはイヤって言うから』


『はい。信じます』


 そんなわけで、こんなわけ。


『シスコンは読んでる?』


『もちろんです』


 そうでっか。


『陽子は可愛いですよね』


『あー、まぁ』


『陰子も』


『だね』


 ちょっと罪悪感。


『じゃあ約束ってコトで』


『さっさーい』


 キリエ。


『キモいって思った?』


『何を根拠に?』


『いきなりコメント送って』


『殊更でも無いかな』


 いきなりコメント送る奴までいる始末だったからね。


 今までは。


 高校では陰キャデビューしたので、その手の類は現われないだろうけど。


『女装は?』


『人それぞれじゃない』


 少なくとも春人は可愛い。


 ならそれでいい。


『ありがと』


『然程でも』


『良い友人関係が築ければ幸い』


『春人は臆病すぎ』


『そっかな?』


『友達くらい幾らでも為ってあげるから』


『引かない?』


『引いたら即時言うから心構えはしておいて』


『………………うん』


 いかん。


 脅しになった。


『今のところは大丈夫』


『そう願うよ』


 女装趣味。


 確かに特異だ。


 私は言えないけど。


「茶髪ね」


 お兄ちゃんも私も、それが地毛だ。


 後ろ指さされるのには慣れている。


 その辺を、春人は心構えていないらしい。


『春人萌え』


『あは』


 嬉しそうなコメントが送られてきた。


『学校ではよろしくね』


『僕こそ』


『じゃ、そゆことで』


 ピコンと音が鳴る。


 最後のコメントは既読スルー。


『陽子さん萌え』


 そんな感じ。


 いいんだけどさ。


 別に。


「高校ね」


 未知の部分在り。


 ってなわけで、手探りくらいしか……やることがないのでは……まぁ事実だけど。


「南無八幡大菩薩」


 念じるより他に無し。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます