深夜に訪れる客 前編

 コンビニで夜勤のバイトをしていた時の話。

 ある晩、同じ夜勤でその日は深夜一時に上がる予定だった先輩が、

「今日は明け方まで残ってもいいかなあ?」

 と聞いてきた。

「別に構いませんけど……どうかしたんですか?」

 その日は特別な仕事もなく、残業をする理由などないはずだ。

「仕事じゃないよ。もうタイムカードは切ったしね。ただ事務所にいさせてくれればいいんだ。」

 レジ内の扉の先にある、狭い事務所。横に長いスペースに、事務所用のPC机、更衣室、在庫用の保管棚が並んでいる。

 二人がなんとか通り抜けられるような部屋に四時間もいたいというのだ。

「先輩の家、すぐ近くでしたよね?歩いて五分くらいの。鍵でもなくしました?」

 すると、先輩は苦笑いを浮かべてこう言った。

「ちょっと確かめたい事があるんだ。笑わないでくれよ」


 先輩の話によると、一人で夜勤をしている際、事務所にいると誰もいないはずの店内から

「すみません」

 と声をかけられる事があるという。

 来客を知らせるチャイムが、風や振動などで誤作動を起こしたり、逆に人が入ってきても鳴らなかったりするのはたまにある事なので、

「はーいお待たせしましたー」

 とレジ内の扉から店に出ると、店には誰もいない。

 また別の日。事務所の中で作業中、

「すみません」

 と声をかけられ、今度は扉近くの事務机で作業していたため、すぐさま店に出るが、やはり誰もいない。

 更に別の日。またしても聞こえてきた

「すみません」

 の声にすばやく反応して防犯カメラのモニターを見るも、何も映っていない。

 こんな事が週に一、二度はあるという。

「君はそんな経験ない?」

 自分も週に二回ほど勤務をしているが、そんな事があった覚えはない。

 私が首を横に振ると、先輩は

「そうか」

 と再び苦笑いを浮かべて、

「とにかく宜しく頼むよ」

 と、事務所に入っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます