第32回:続「〇〇でなくても通じる」系

第1回でピクシブの二次創作で版権要素を抜けば一次創作になるのでは……的な話をしましたが、それを応用するとこうなる事例です。


個人差あり+一次創作以外含む+メタ発言です。


・オールスター系でなくても通じる

 皆さんもご存じな様々なゲームキャラが集合してバトルをする『スマブラ』シリーズ、新旧ロボットの夢の共演『スーパーロボット大戦』の2作品は公式二次創作とも言えるような程のオールスターと言えるでしょう。スパロボに関してはバンプレオリジナルロボだけが登場する『スーパーロボット大戦OG』という派生作品もあります。


 こうしたオールスター物って二次創作の特権で一次創作では不可能なのではないのか……と思う人もいるでしょう。しかし、疑似オールスターっぽい布陣の作品は可能なのですよ。おそらく、一番分かりやすい事例を出すとすれば戦国武将オールスターとか、文豪オールスターとか……そうした豪華布陣な創作作品だって存在します。前者は『戦国無双』や『戦国BASARA』、ソシャゲの戦国系ゲームも該当しますね。後者は『文豪ストレイドッグス』及び『文豪とアルケミスト』でしょうか。その手の知識を持つ人にとっては豪華だと思うのは確実です。


 それでも有名人の名前を借りただけで抵抗がある……と思う人は、今まで得てきた創作知識やリサーチで疑似的なオールスター作品を作るのです。勇者、魔法少女、ロボ、変身ヒーロー、召喚、傭兵、サイボーグなど……そうしたオールスター物も実は存在するのですよ。


 今までも創作ノウハウで何度かタイトルを出している『Re:CREATORS』は典型例と言えますし、『コンクリートレボルティオ』も疑似的なオールスター物の一つと言えるでしょうか。オールスターと聞いて、難しいと感じている方はこうした事例がある事も踏まえて、自分だけのオールスターを考えてみるのも悪くないと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます