第27回:複数主人公もの

実は少し前に考えていたネタですが、今回やろうかと思います。あっさり系+メタ発言+個人差ありです。


・サガフロンティア

 複数主人公と言えば、その昔には『ドラゴンクエストⅣ』や『ライブアライブ』と言う様な複数主人公が登場し、最後には巨大な存在を倒すという作品があるのですが、ピックアップするのはこちらではありません。


 PS1の作品で『サガフロンティア』と言う物があります。今であれば『プレイステーションクラシック』(プレステミニ)でも収録されているので、そちらでプレイする事は可能です。自分もプレステミニでプレイ中な訳ですが。本作には主人公が複数人でてきます。しかし、中には他の主人公と出会う物の仲間にならないパターンもあります。レッド編の主人公であるレッドは他のエピソードでは未登場という位に徹底しているケースもありますが。


 サガフロの魅力と言えば、どの主人公から始めても問題ないシナリオでしょうか。シナリオごとに難易度は異なりますが、誰から始めても大丈夫です。自分の好みで初めてもいいですし……。この方式はラノベ等ではサイド○○のパターンに当たりますよね。中には、○○編から次のシナリオに進む敵なパターンもあるでしょうか。そして、最終的に世界の真相が見えてくるようなパターンもそうですね。


 サガフロに関して言えば、ラスボスは各主人公ごとに用意され、いわゆる集結編が存在しない点がドラクエⅣ及びライブアライブと違う箇所でしょう。各シナリオで話が独立しているので、このシナリオをプレイしていないと分からない的な要素がないのも大きいです。


 複数主人公を用意しても、ラノベでは生かしきれないのでは……と思う人は少し待ちましょう。『とあるシリーズ』は主人公級な人も複数存在し、スピンオフも作られています。つまり、本編完結後や一区切りしてからキャラの掘り下げを行うと同時に外伝を展開するというのもありでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます