第17回:思わぬネタがヒットのヒントになる?(補講)

補講ネタ+個人差あり+メタ発言シリーズです。


・思わぬ題材

 かなり前にマイナースポーツのカバディを題材にした漫画が存在する事には触れました。マイナースポーツでも漫画になれば読者が「このスポーツは何だろうか」的な流れで興味を持つでしょう。日本では今と昔で認知度が違うスポーツにはサッカーがあり、そののが『キャプテン翼』である事は解説しました。それを踏まえて、少しメタ発言を含んだ解説に……。


 2019年10月、まさかの題材を漫画にした作品がアニメ化しました。そのタイトルは『ライフルイズビューティフル』です。ライフルと聞くと、クレー射撃を題材にしていると考えますが、主人公達の年齢はライフルを所持できるような年齢ではありません。彼女たちが始めた射撃と言うのは、一種の『ビームライフル』とも言われている方の射撃競技です。別の意味でも驚いたでしょう。


 近年ではイースポーツを題材にした漫画等も誕生しています。2018年に始まった方のアニメ版『パズドラ』は前作がファンタジー要素を持ちつつも、元のゲームである『パズドラクロス』を原作にしていたのに対し、こちらの方はソシャゲ版のパズドラが原作です。イースポーツやプロゲーマーと言う単語も登場して、舞台は現代なのですが……色々とメタ発言等が入り気味。


 ここまで開設して、次は「VTuber」を……とやってしまうと、他の人の創作論と変わらなくなりそうなので、この辺りでまとめます。マイナースポーツ、マイナーなゲーム等でも小説の題材にするのであれば、問題はないはずです。異世界転移や異世界転生がメジャーなので、題材としては目立たない……という発想自体が間違いでしょう。そう決めつけてはいけませんし、マイナージャンルに対してレッテル貼りをするのは論外と言えるでしょう。

(ピクシブの二次創作だと、色々と事情は異なります)


 探してきた原石(ネタ)を輝かせるのも作者の技量次第です。今までの創作ノウハウや他の人の創作論等で吸収してきたノウハウを駆使して書き始めても、問題はないと言えるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます