なんてったってありえないほど近い

作者 猫柳蝉丸