第3話 脚マッサージ

翠が疲れた時、凝った時、身体の調子が悪い時に、翠からLineが来て、彼女の家に行き整体をするようになった。

翠は少し忙しくなってきたらしい。

今日も翠に呼ばれたから、彼女の家に行く。案の定ミニスカートだった。

「来たわね。」

「呼んだのはそっちだろ。」

翠は大きいソファーに座っていた。

「今日ずーっと立ちっぱで、もう脚がくたくた。だから、ふくらはぎから足まで揉んで頂戴。」

翠は一に頼んだ。

「はいはい。」

一は彼女のふくらはぎから揉み始めた。

「く~、そこそこーっ。っ痛い。」

翠は痛いと言った。

「適度の痛みは良いんだ。」

一は事務的に言った。

「痛っ。痛っ。痛たたたっ。もう少し優しくしてよ。」

翠は一に強く言ったので、一は優しく揉んだ。

「ん。・・・ん。良いかんんっ・・・じ。」

びくびくっと翠はしながら、少し感情的に言った。

一通りふくらはぎを揉んだので、次は足の裏を揉み始めた。所謂足裏マッサージである。

一は翠の足を舐めるように優しく触った。

「あっ。・・・あっ。」

翠は身体をびくびくしていた。そして、足裏のツボを押した。

「んんっ。」

翠の身体に刺激が伝わる。

「最近、んっ、周りから、んっ、綺麗になった、んって言われるように、んっ、なった、んっ。」

翠は感じながら言った。

時には優しく、時には強く押した。

「ああっ。」

翠は喘いだ。

しばらくして、足裏マッサージも終わり、

「はぁ。・・はぁ。」

翠は発情していた。

「じゃあ、お金頂きますか。」

一は事務的に言うと、

「まだ終わってないわ。」

翠は喘ぎながら言った。

「えっ?言われた所は全部・・・。」

一は戸惑った。

「次はリンパ腺のマッサージをお願いするわ。」

翠はメスの目、メスの声で言った。

「はぁ。じゃあ、股を開いて。」

一は、ため息をつきながら言った。翠は一の言う通りに股を開き、太ももと股間の境目の付近を一は揉んだ。

「・・・ん。」

我慢できずに声が漏れた。

「あっ。あっ。あっ。」

翠はもうメスの声しか出せなかった。

白い下着はもう分泌物でいっぱいで、もうびちゃびちゃだった。流石の一も興奮してきて、無心、無心と内心に言い聞かせたが、一の股間は爆発しかけていた。

(ここで翠に手を出したら駄目だ。)

一は頑張って我慢した。

「ん。ん。あっ。ん。あぁっ。ん。ん。あっ。あ・・・。」

メスの声が部屋中に響いた。

無事何とか終わり、二人ともぐったりしていた。一は色々疲れたので、そのまま帰った。

「全く。翠にも困ったもんだ。いくら僕でもリンパマッサージであんな声出されたらたまったもんじゃない。」

一はぶつくさと独り言を言った。帰り際にあることに気づいた。

「あっ、翠からお金貰うの忘れてた。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます