ゆめののゆめみ

作者 水円 岳

すべてのエピソードへの応援コメント

  • (4)へのコメント

    長谷部さんも訳ありなわけですか。
    てか。
    グリーンフィンガーの方のモチーフが色々と入ってません? (笑)
    水円さんの関心の矛先って、昔から変わっていないのかな。そこは一本通っていますね^^ そりゃあ、みさちゃんみたいな作品が出来上がるわけですよねえ(笑)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

    >グリーンフィンガーの方のモチーフが色々と入ってません? (笑)

     ちっ! ばれたか。(笑
     最後にタネ明かしはしますが、向こうとは完全に切り離してあります。
     でも、いつかは書こうと思っていたネタではあります。

     夢視のニーズがどこにあるか。そこから手繰ると、軽重の差はあっても訳あり以外出てきようがないんです。次の十三話の登場人物が一番ヘビー。わたしの問いかけの極の一つになります。

    2020年2月22日 16:25

  • (6)へのコメント

    ネグレクトの理由、しりたいな。
    生まれる場所を人は選べない。
    そして、生まれた環境によってかなりの部分が決まる。
    容姿、能力、経済力による進路、親の価値観。エトセトラ。
    カッパみたいに生まれる前に生まれたいか聞いて欲しいものです。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     こんな◯◯要らない。……の◯◯の部分は誰でも持っているはずなんですが、どのような形で遺し遺されるかが問題ですよね。

     夢乃のそういう要素は気質的にミニマムなんですが、夢視のせいで◯◯に悩む人がいっぱい絡んでしまうわけで。(^^;;

     みゆきちゃんの抱える事情は、次話でわかります。

    2020年2月17日 20:56

  • (4)へのコメント

    DVにストーカー。殺人。次はネグレクト。さて、どこまで行くか(^^;
    なんか、みさちゃんシリーズを思い出しました。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     まじめな目的で夢を視てほしいと集まる人は、なんらかのわけありです。その関係者もいろいろ引きずってる人が集まっちゃいますね。(^^;;

     浜崎刑事の懸念はその通りなんですよ。夢乃には重すぎるんですが……さて。

    2020年2月16日 00:09

  • (7)dreamer sideへのコメント

    主人公自身の話が読みたいなあ。まだまだ周辺が続くのでしょうか。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     あと四人。ただし、全て変則です。これまでの登場人物に、一つたりとも捨て駒はありません。伏線も山のように入っています。特に、夢乃と母親の変化をよーく見ておいてください。

    2020年2月10日 17:18 編集済

  • (3)へのコメント

    許せないヤツを許すフリしても仕方ないしな。まあ潔癖と言えばそうだけど、実際そういうもんだよね。
    新たにストーカーされてるって、彼女の側に問題があるってこと? ヤバイなあ。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     基本は鷹揚なんですよ。夢視以外のことについてはね。(^^;;
     自分を削ってやってる夢視を侮辱されることは、夢乃にとって自己否定と同じ。ほとんどの依頼者はその真摯な姿勢をちゃんと感じ取ってくれるんですが……。今回はちょっとね。

     朽木さん。ものすごくわけありです。


    2020年2月7日 00:05

  • (4)へのコメント

    いいなあ。怒りの瞬発力がある人って。後からじわじわと怒りが出てくる私は、その場ではなぜか謝ってしまうんだよね(^^;

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     楽天的な夢乃が本気で怒るってことはほとんどないんです。その原則が崩れるのは、夢視が絡んだ時ですね。母親の無神経な宣伝、最初の高校生カップルの約束不履行、そして今回。ものすごく真摯に夢視に向き合っているからこそ、そのプライドを傷つけられると全身全霊で怒るんです。

     それは真っ当である反面、すごくおっかないことなんですけどね。

     プライドを傷つけられると、夢乃は根に持ちます。森下さんの暴挙を絶対に許しません。(^^;;

    2020年1月29日 20:23

  • (1)へのコメント

    ファンタジーじゃなく、サスペンスになってきたのですが(^^;

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     ひっひっひ。わたしが直球ほるわけないやんか。ひっひっひ。こんなもんじゃないっす。まだまだ。ひっひっひ。

    2020年1月26日 11:00

  • (3)へのコメント

    なにこれ。二重人格かあ? (^^;

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     のちほどわかりますが……。和田さんはプロ。アマの夢乃とは立ち位置が全く違うんです。(^m^)

    2020年1月22日 00:15

  • (2)へのコメント

    いや。厳しくないと思いますよ(^^;
    元から思考回路の違う人には、その回路に合うような言い方じゃないとねえ。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     なんか変ですよねえ。ここまでしないとわからない母親ってのは。
     当然、夢乃もがっつり考え込んでしまいます。

    2020年1月21日 22:23

  • (1)へのコメント

    ビジネスというより詐欺っすか?
    ヤバい。
    てか母親もマジでヤバい(^-^;

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     このケバいおばちゃん、決して捨てキャラではありませぬ。(^m^)
     おばちゃんの意図がなんだったかは、あとでわかります。

     母親。相当奇妙ですよね。あたりまえですが、夢乃はぶち切れます。(^^;;

    2020年1月20日 22:26

  • (6)dreamer sideへのコメント

    心配してくれてる!
    たしかに、人によっては逆恨みしたりしそう。単なる夢でも内容によっては。
    受け取りかた次第だけど、いろんな受け取りかたあるからなあ。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     夢を視るという接点がありながら、よりまし止まりの夢乃と依頼者の間は夢で繋がらない。そういう矛盾はいろんなリスクを連れてきます。リスクに気づいてるのは、浜崎さんだけじゃないんですよね……。

    2020年1月19日 23:41

  • (5)dreamer sideへのコメント

    母親とは大違いですねえ。ちゃんと分析して心配して。
    父ちゃんも似た気持ちなんだろか。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     まあね。赤の他人の刑事さんに心配されて、家族が全然案じてないというアンバランス。父ちゃんは、ちゃんと考えてくれてはいるんですが、基本楽天家なんですよね。(^^;;

     まだまだ転がります。(^m^)

    2020年1月17日 17:11

  • (4)へのコメント

    降参だなあ。
    確かに夢の解釈は自分でしなきゃね。
    他人の言葉でバイアスかかると、自分の内なる声が聞こえなくなりますから。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     事実として、人の夢に講釈垂れることはできないでしょうね。心配はしても、そこから先には進めないんです。夢乃と依頼人の間をつないでいるのは「夢」だけなわけで。そこが非常に厄介なんですよ。(^^;;

    2020年1月16日 17:07 編集済

  • (3)へのコメント

    夫の方でしたか。
    なにやら話が嫌~な方向にいきましたねえ。ううむ。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     お母さんの宣伝。当たり前ですが、ばらまけばばらまくほど本筋以外の線も引っ張ってしまうわけで。(^^;;

     夢乃にとって「迷惑」というだけじゃ済まない方向に転がります。

    2020年1月15日 07:46

  • (2)へのコメント

    娘が一番マトモな家庭って(^^;

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     まあ、お母さんとツインズはがさがさ。お父さんは牛ですから、長女はしっかりしますね。(^m^)

    2020年1月14日 00:25

  • (1)へのコメント

    うーん、私もわかんないなあ。意味がないかあ。先を待ちます!

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     夢乃だけでなく、この時点では当のお父さん以外は誰もわからないと思います。お父さんの感情を探る材料は、かなり後で出てきます。

    2020年1月14日 00:10

  • (6)dreamer sideへのコメント

    ほほお!急展開。でもいい感じだなあ。
    一人でも本音で話せる相手がいると、余裕ができますよね!良かった(^-^)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     坂野さん。夢視してもらったこと自体は何も悩みの解消には役に立っていないんです。こういうところに夢乃と依頼者の間の落差が出来ちゃうんですよね。
     双方、それをスルーできればいいんですけど……。

     坂野さんと村岡先生のコンビ。相性はとてもいいです。もちろん、村岡先生主導ですけどね。(^m^)

     

    2020年1月11日 18:51 編集済

  • (5)dreamer sideへのコメント

    なんていうか、仕事の話だけで済むならそっちの方が楽だと思ってしまう私です(^^;
    色々な人生があるのだなあ……。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     人間関係にコストだのなんだのっていう概念を持ち込んでいる時点で、相当めんどくさい人ですね。(^m^)

     でも、TPOを考えすぎてしまう人は結構いますよ。学生から社会人への切り替えに失敗すると、辞めるだけで済まないケースもあるので厄介だなあと。(^^;;

    2020年1月10日 22:40

  • (4)へのコメント

    なんだろ?
    恋愛がらみかあ?(笑)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     この二人の再会は、たまたま。全くの偶然なんですが。あとで、いろいろ影響してきます。(^m^)

    2020年1月10日 00:16

  • (3)へのコメント

    はげちょろげ?(笑)
    思い出したくないことに通じてるのかなあ。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     思い出せない夢を引っ張り出すのが夢視。その説明を聞いていながら、依頼者があえて思い出さないようにしてる。それなら忘れちゃえばいいのに、思い出したい? 矛盾ばかりで、夢乃は混乱するんですが……。

    2020年1月8日 21:55 編集済

  • (2)へのコメント

    今度は父ちゃんからかあ。うぬぬ。
    距離が近いと衝突。ですよねえ。昔の狭い団地だと個室は望めなかったなあ(笑)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     まあ、父ちゃんは母ちゃんよりずっと思慮深いので、大きな騒動にはならないでしょう。(^^;;

     ツインズの部屋問題。子供が複数人いるとどうしても出てきますね。うちも三人で一部屋でした。もろにカオス。(^^;;

    2020年1月7日 23:14

  • (1)へのコメント

    進路かあ。高校二年かな。そろそろ悩むころですね。進学か就職か。進学にしてもどこに進むか。その先に何を仕事にしたいか。彼女はカウンセラーとか向いてると思うけどなあ^^

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     最近は進路決定を先倒しする風潮みたいですが、自己意志でしっかり適正を考えられるのって、むしろもっと後だと思うんですけどね。(^^;;

     ふだんはお気楽タイプの夢乃ですが、一度こだわりだすと半端ないんです。さあ、それがどう転びますか。(^m^)

    2020年1月7日 00:06

  • (6)dreamer sideへのコメント

    うわあ。衝撃の結末(^^;
    でも、一歩を踏み出せたのですね。
    強制終了でもなんでもいい。自分で歩くことを選べたんだなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夢乃は視た夢を依頼者に提示できますが、その中身には
    踏み込みません。それは自分のプライベートをきっちり
    確保する上での自衛なんですが、必ずしも有効ではない
    んです。相手に渡した夢情報の行方がわかりませんから。(^^;;

    くらげおばさんの件も、これで一件落着にはなりません。(^m^)

    くらげおばさん。アクシデントに動かされる形にはなり
    ましたが、しっかり自分の足で歩き始めました。(^^)

    2019年12月30日 12:08

  • (5)dreamer sideへのコメント

    出張がない? 今までの出張はなんだったのよお(^^;
    てか、こういう妻って、たっくさんいそうですよねえ(^^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夫は完全な二重生活者ですね。くらげおばさんは、され妻の究極系。
    夫は、自分がしていることを妻に隠していません。
    でも、それならなぜ姿をくらます必要があるんでしょう?

    いひ。

    2019年12月29日 13:34

  • (4)へのコメント

    クラゲのように漂うだけの夢かあ。おばさんは夢と現実が繋がったままみたいな感じだなあ。
    牛乳。賞味期限(^-^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夢っていうのは、自分が一番ダイレクトに出るはず。
    それなのに夢でまで自身の存在が希薄ってことは……
    くらげおばさんの告白は、このあとすぐ。(^m^)

    牛乳。きんきんに冷えてると、傷んでるのがすぐには
    わかんないことがあります。わたしもやらかしました。(爆

    2019年12月28日 09:24

  • (3)へのコメント

    鳥取。一人旅?
    まさに、骨なし。クラゲかあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    本作では一番覇気のないくらげおばさん。
    これが……とんでもないことにつながります。(^^;;

    2019年12月27日 09:00

  • (2)へのコメント

    なんで牛乳(笑)
    芯はね。いりますよねえ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    村岡先生が言った『骨』という概念。これから夢乃に
    がっつり影響します。
    筋の曲がったことが大嫌いな夢乃ですが、それがイコール
    骨ではないんですよね。(^^;;

    で、牛乳。(爆

    2019年12月26日 00:27

  • (1)へのコメント

    ほお!すごい。
    今回は夢診断ないのかなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    村岡先生のチェックによって、重要なキーが一つ出てきます。そのキーが、次の依頼人にもろに関わります。(^m^)

    2019年12月25日 10:42

  • (5)dreamer sideへのコメント

    お互いにとって、いい提案だったのですねえ。好きなことならなおさら、充実させたいですものね!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    先生と夢乃の関係がウインウインになりますから、
    二人にとってとてもいい出会いということになり
    ますね。

    ただ……夢乃はまだ先生の怖さを知りません。
    先生は、がっつり自己修練する人ですからねえ。(^m^)

    2019年12月18日 08:45

  • (4)へのコメント

    プロ目指してたのかあ。それは凄い。部活、大改革かなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    村岡先生、いっぱいトレーニングをしたんでしょう。
    でも、目標には届かなかった。
    その解釈が、先生本人と夢乃との間でものすごく食い違って
    いるんです。(^m^)
    このあと、本人から種明かしが。はい。

    2019年12月18日 00:02

  • (2)へのコメント

    今回は弟がメインになる話かなあ。先生かな。かあちゃん大変ね(^-^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    村岡先生は、これから夢乃の方針変更に大きく関わります。かあちゃん、夢乃もツインズも基本放任ですから。がらっぱち。ええ。(^^;;

    2019年12月15日 12:38

  • (1)へのコメント

    思春期の女の子の一人称おおお! なんで書けるんですかあ(笑)すごい。
    部活にメリハリかあ。好きなんですねえ。とはいえグループでやるものは、色々とありますものね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    アベレージちょい下くらいの設定で夢乃を仕込んでい
    るので、比較的楽かな。性格に癖があると描きにくい
    んですが、夢乃の場合は描きやすい方だと思います。
    ただ……こだわりがあるタイプなので、それがあとで
    いろいろと。ええ、いろいろと。(^^;;

    部活も、熱血スポーツバカではないものの、ただのお
    遊びはいやというタイプ。それなりに上昇志向があり
    ます。先頭に立つことはないので、そこが難ですね。(^^;;

    2019年12月14日 18:55

  • (6)dreamer sideへのコメント

    おばあちゃん繋がりでしたか。夢乃のお父さんも婿に来たのかな。
    ちょっと不穏な空気感じたけど、いい結末で良かったです(^-^)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    高島さんは、夢乃が夢視できることを知っていたわけで
    はありません。つまり……またもやお母さん(春乃)
    が余計なことをべらべらしゃべったわけですね。(^^;;

    夢乃のお父さん(修二)も入り婿です。
    お父さんは、中盤以降のキーパーソンになります。

    高島さんはもっともまともな形で夢視を利用しました
    が、それがまともであるからこそ夢乃には大きな負担が
    かかりました。(^^;;
    そのことが、この後夢乃にとって予想外の影響に化けます。

    2019年12月11日 08:00

  • (5)dreamer sideへのコメント

    盛岡まで来ちゃったのですか!
    宝物見つかるかな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    都市近郊で、近くに雄大な山がはっきり見える場所は
    そう多くありません。都市を特定できれば、必ず現地
    にまで足を運ぶでしょうね。わたしでもそうします。(^m^)

    川と大樹と山のバランス。いずれも、数十年というレベル
    では変化しにくいものです。うまくたどりつけるかな。

    2019年12月10日 21:14

  • (4)へのコメント

    写真なら掘り返すのは無理ですね。埋葬って感じかなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    さすがに数十年前の写真を掘り出すのは無理。
    でもお兄さんは、そこに宝物を埋めたという姿をどうしても
    弟に印象付けたかったんでしょう。

    さあ、高島さんはどうするか。(^^)

    2019年12月9日 23:05

  • (3)へのコメント

    かなり時間経ってるから、特定出切るといいけどなあ(^-^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夢乃がすでに口にしていますが、時代を遡ってしまう
    と夢乃が夢を具体化する作業もとても難しくなるんです。
    ランドマークを探す。そこに特化することになります
    ね。

    2019年12月9日 01:21

  • (2)へのコメント

    お兄さんと、宝物を埋めた。
    お兄さんを、殺して埋めたじゃないですよねえ。ぞぞぞ。
    高校生とは思えない思慮深さだなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    わはは。いきなりそこまでブラックにはしませんが、
    伏線は張ってあります。てか、第一話からちゃんと無駄
    なく全部使います。(^^)

    夢乃は中学の頃から今の形の夢視をやってますから、
    少なくとも夢視に関しては精通していますし、非常に
    高いプライドを持っています。そこだけは、高校生の
    意識レベルじゃないんですよ。

    2019年12月7日 21:18

  • (1)へのコメント

    どこから聞き付けてやってくるんだろ。
    やっぱ、母親かな(^-^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    もちろん、母親です。(^m^)
    通常ルートとはちょっと違いますけどね。

    2019年12月6日 18:18

  • (6)dreamer sideへのコメント

    ようやく前に踏み出した感じですね。
    んで、自分が落ち着いたことで、他人のことも気づいた、と。
    他人のブラックな面は、そりゃあ、ごめん被りたいよなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    まじめに、とか。がんばる、とか。
    とかく、その姿勢だけを評価されてしまうんですが、
    中身は精査されないんですよね。
    そこを見直して、カレシと二人三脚で。ああ、うらやまし。(爆

    一番わかりやすい自己(セルフ)チェックが二話。
    でもこのあとは、一つも直球がありません。
    当然、夢乃には強い負荷がかかります。(^^;;

    2019年11月22日 01:19 編集済

  • (5)dreamer sideへのコメント

    弱さを隠すために演じたものを認められても、しんどいだけですからね。
    ずっと演じるわけにはいかないでしょう。壊れてしまうから。
    内観のいい機会になりましたね(^-^)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    好人物を演じるつもりではなくても、結果としてそう
    なってしまっている。それが生き方になってしまって
    いる。しんどいと思います。
    それで納得しているならともかく、無理を感じている
    わけですから。

    夢乃が示したのは、あくまでも事実だけ。
    だからどうしろは一切ありません。
    だから部長は、夢乃本人の姿勢に目を向けました。
    そこらへんが、依頼人によってものすごくばらつきます。(^^;;

    2019年11月20日 22:49

  • (4)へのコメント

    このくらいビジネスライクじゃないと、身が持たないよなあ(^-^;
    つまりは、自分だけ突っ走ってて周りは取り残されてるどころか、いささかウザイと感じていると?それを見せつけられた?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    カウンセラーではなく、事実の提示しかできないので、
    どうしてもこういうスタイルになりますね。でも、
    だからと言って、乾き切らないんですよ。
    そこがあとで綾を生みます。(^^;;

    部長のビジョン。このあと、本人から提示があります。

    2019年11月19日 19:37

  • (3)へのコメント

    防御のために怒りの表示はする。若いな(笑)怒る場面でも怒れない人はたくさんいるからなあ。
    とはいえ、夢は視るんだ。自分と反応がまるで違うのが興味深い(笑)いや、視ないと話にならんけど(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    次話で部活のシーンが出てきますが、夢視以外では怒りを
    ストレートには出しません。
    でも、こと夢視に絡むとものすごく真剣になるんですよ。
    単なる防御反応だけでもないんです。

    泣くほどの夢ですから、それが軽い夢でないことはもう
    わかっているわけで。
    事情がわかっている限り、夢乃は視てくれます。

    2019年11月19日 00:09

  • (2)へのコメント

    人の口には戸は立てられぬって(^^;
    でもまあ。口の軽いやつは信頼できませんねえ(^^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    なにせ、学校ですからねえ。
    ただ、夢視っていうのは事実の摘出だけ。占いではない
    ので、とても地味なんです。
    夢乃が恐れているほどは広がらないんですよ。

    それでも約束を破られるのは、原則をきっちり守って
    夢視をしている夢乃が一番嫌っていること。
    猛烈に反発します。(^^;;

    2019年11月17日 14:12

  • (1)へのコメント

    おう。ちゃんと喧嘩できるなら、いいですね。バドミントン。ルールも知らない(笑)
    大人のトレーニングを子供に当てはめたらアカンね。身体が未成熟なのになあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    素でがんがんやり合う母娘ですが、どうもこの母ちゃん
    娘の状況をきちんと測れていない感じで。
    それが、どかんと行っちゃいます。(^m^)

    バドは、そんな難しいルールじゃないです。
    ただ……ちゃんと訓練しないとハイクリア(コートの
    端から端までシャトルを飛ばすこと)ができません。(^^;;

    高校生にセミプロのプログラムこなさせるのは無理
    ですね。それ以前に、顧問ならちゃんと練習みてや
    れよっていう話で。ええ。(^^;;

    2019年11月16日 22:32

  • (6)dreamer sideへのコメント

    一区切りですね(*˙︶˙*)☆*°
    一人称ではなく、話ごとに変わるのですね。

    仲間ではなく道具。悪気なくても、態度に出てしまったら(^^;
    情熱が強くて周りが見えないこと、あるあるでしょうが。
    いい経験になりましたね*˙︶˙*)ノ"

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夢乃が夢視をする過程が前半。それを受けて、依頼者もしく
    は関係者が思考をめぐらせるのが後半になります。ただ……
    最後の方は、変則になる予定です。

    篠田先輩のような立場の人は珍しくない……てか、その
    方が多いように思います。それを各人がどう捉えるか、
    ですね。

    そうそう。このお話は決して学園小説ではありません。
    いひひ。(^m^)

    2019年11月13日 21:47

  • (5)へのコメント

    金管楽器かあ。まるで違う音ですね。檸檬を金管で。ふむ。聴いてみたいかも(笑)
    なるほど。背景をしっかり聞き取るカウンセリングとはまるで別物ですね。まあ、それやったら、大変すぎるなあ。バイアスかかるしなあ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夢の中だといろいろなものがデフォルメされますし、当然
    だと思っているイメージにずるずる引きずられることが
    あるわけで。夢視に長けている夢乃にしても、音の特定
    には苦労したんです。

    でも、必要なパーツは特定できたので、夢乃の作業はこ
    れでおしまい。
    発話である本話は、夢乃の作業の手順を見てもらうという
    意味合いが強いので、軽めです。(^m^)

    2019年11月12日 23:56

  • (4)へのコメント

    将来に自分が主役でステージに立つとか。
    その時の曲が分かればデビューできるとか。妄想が膨らむなあ(笑)
    てか、主人公。しっかり者だなあ。
    なかなかこうはねえ(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    夢乃はあくまでも夢視だけに集中します。夢に出てくるものを正確に引っ張り出すため、視線にバイアスがかかりやすい依頼者の背景はほとんど見ないんです。そこが、本話の展開の綾になります。

    夢乃は中学からこういう形での夢視をしているので、ある意味ベテランなんですよ。(^m^)

    2019年11月11日 23:48

  • (3)へのコメント

    すっとぼけの母親と、すんごいしっかりものな娘ですね(笑)
    中学お受験拒否でハンスト!やりますな。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    このお母さん(春乃さん)と故人のおばあさん(志乃さん)、そして夢乃と、全員性格が違います。(^m^)

    夢乃は、長女らしくきっちりかつしっかり。
    末娘のお母さんは、おおらか大雑把。(^m^)

    2019年11月11日 00:38

  • (2)へのコメント

    いろいろ条件付きなんだなあ。日が経つと分からないとか。
    まるっきりカウンセリングだっ!
    夢は現実のうつし。ですよねえ(^^;

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。(^^)

    条件は、基本的に悪用防止くらいかな。
    あとは、限界提示だけですね。

    夢乃はカウンセリングは絶対にしません。
    夢の中の事実を示す。それだけです。(^m^)

    2019年11月9日 22:25

  • (1)へのコメント

    まさに学園モノ!な出だしですね。
    親が夢視を宣伝してまわってる?(笑)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます。(^^)

     母親の軽すぎる口に抗議する娘。それが斉木家の朝の日常なんですが……さて。(^m^)

    2019年11月8日 07:48